育児 育児のコツ

小学生が公文に塾に通信教育、本当に必要なの?

投稿日:

長男は、小学校4年生。公文にも塾にも行っていません。

でもお友達は、ピアノやそろばんなどの習い事、それに公文や塾で忙しそう。だけどその成果って、、、出てる?!

小学生に、公文や塾、通信教育って、本当に必要なの~?

学校以外で勉強しなくても成績は悪くない

こどもを公文や塾に行かせていますか?

わが家は、塾などにはまったく行かせていません。通信教育もさせていません。

それでも成績は悪くありません。

学校の勉強は理解して帰ってくるし、宿題はさっさと自分でやります。

小学校が終わったら、いったん家に帰ってランドセルを置き、友達と遊びに出て行きます。

18時ごろに帰ってきて、家族全員で夕食を食べ、それから宿題タイムです。私は、その時間に学校からの連絡物を確認したり、洗濯物を畳んだりします。

宿題は、20分も集中すれば終わります。集中力は半端ないです。

明日の準備をして、その後はリラックスタイムです。

わが家が努力していることは、ダラダラとテレビを見ないこと。ゲームは1日30分まで。ということぐらいです。

暇だと漫画の本を読んだり、集めたポケカを眺めたり、弟とじゃれたりしています。

家で勉強させる時間は、できるだけ短くするようにしています。最低限の学校の宿題だけ。

なぜなら、勉強というのを苦痛に感じて欲しくないからです。私自身、勉強は嫌いではありません。なぜなら、嫌いになるほど勉強したことがないからw。

勉強は、楽しくなければ勉強じゃない!と思っています。

賢かった子たちが、いつの間にか勉強嫌いに!

生後数か月から保育園に入れていたので、幼い頃の家庭環境は、保育園通いのほかの子とほぼ同じだと思います。

保育園は、絵本も多く、玩具も多く、先生や友達からも刺激をたくさんもらえるので、家庭だけでは勉強できないたくさんのことを覚えてきてくれました。

保育園のお友達にはとても頭の良い子もいて、いろんなことを知っていて、将来が楽しみに思ったりもしました。

ただ、小学校に入って、成績に差がつきはじめる小学校3年生ぐらいになると、いろいろ「あれ?」と思うことが出てきました。

保育園の時はとても賢いと思っていた子供たちが、どんどん勉強ができなくなってくるのです。

学ぶことが好きだった子も、学校の勉強に興味が持てなくなったよう。塾や公文に行って、勉強しているにも関わらずです。

どうやら学校が終わると塾に直行、家に帰ってからも学校の宿題以外に公文のプリントなどがあって、勉強が嫌々になってしまったようです。

勉強が嫌いになると、机に向かって集中できない、授業にも身が入らない、という結果に。

話を聞くと、テレビを見たりゲームをしたりする時間は長いようです。

保育園の時はとても賢い子だったのに、小学校低学年のうちに勉強嫌いになってしまい、せっかくの賢さを奪っているようです。

勉強するくせを身につける?なら、まず親が見本を!

子どもがそんなに成績が悪いわけではないのに、小さい頃から公文などに行かせている親に聞くと、「勉強するくせを身につけたいから」「机に向かう習慣をつけるため」と答えます。

でも、小学校低学年で、何時間も机に向かう癖ってつけるものなの?と私は疑問に感じます。

発達の過程を考えても、低学年で落ち着いて机に向かうのは、授業の時間と宿題の時間だけでじゅうぶん。

文部科学省も、子どもの発達段階に合わせて、小学校低学年では以下が重要と言っています。

善悪についての理解と判断

子ども同士の交流活動

自然体験

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/053/gaiyou/attach/1283165.htm

ちゃんとした育児書を読んでも、机に向かうよりも大切なことがたくさん書いてある。

低学年から「学習習慣」なんてあおるのは、塾などの広告、ネットのアフィリエイターたちです。騙されちゃいけない。

そして低学年を過ぎて10歳ごろになると、客観性が身について、自己肯定感を持ち始めるようになります。

その時に、親に机に向かわされて「勉強できない」と思わされている子と、外で遊んでたくさんの成功体験をしている子では、自己肯定感が違う。

低学年のうちに友達のように勉強しなくて外で遊んでいても、友達より学校の勉強ができたら、「自分は勉強ができる」と思うのは当たり前だと思います。

そもそも、「勉強習慣」をつけさせたい親自身が、勉強するくせが身についているのでしょうか?

子どもが机に向かう間、親がソファーに転がっていたり、テレビを見ていたり、携帯をいじっているなんてもってのほか。

自主的に楽しく勉強するためには、親がその姿を見せる必要があると思います。

という感じで、小学生、特に低学年では塾や公文、通信教育は必要ない!それよりも大切な学習や体験(自然体験や友達との遊びなど)をさせる!と思っています。

が、これだけ誰もが子どもを公文や塾に入れていると、親としては不安になったりしますね。

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-育児, 育児のコツ

関連記事

朝のこどもとの別れ方「あくしゅで、バイバイば〜い」

毎日の朝の保育園。  ついつい、バタバタしてしまい「はやく!」なんて言えば、その後、こどもはぐずり始め、悲惨なことに…。 結局、余計に時間がかかる。   だから、いつも子供たちの気持ちを前に …

机に向かって勉強する写真

勉強は楽しいもの!わが家は「勉強しなさい」と言わない

10歳までは遊びが勉強!というのが、わが家の教育方針。「遊びなさい!」と言っても、「勉強しなさい!」とは言いません。 「宿題した?」はしょっちゅう言うんですけどね。 目次 勉強は楽しいもの!と思ってい …

9歳の誕生日プレゼントは、24インチ自転車!最近、男の子に人気の自転車って?!

毎年悩む、誕生日プレゼント。 しかし9歳のプレゼントは、以前から決まっていました!それは、自転車。 今乗る16インチの自転車から、一気に24インチにアップです! ずっと欲しがっていたかっこいい自転車に …

使用禁止の遊具

ステイホームした子どもたちに起こった問題

わが地域でも、6月から小学校への登校が再開しました! 毎日、近所の友達と遊びながらも、小学校(具体的には、休憩時間のドッジボールやサッカー部の集団遊び、学校の友達との遊び)が恋しくて寂しかった子どもた …

少年サッカーではアンブロのリュックが大人気!

小学2年生となった長男がサッカー部に入りました。 いろいろ用品をそろえる中で、リュックなんて何でもいいと思っていたけど、サッカー少年の間で大人気なのは、断然アンブロというブランドのリックサック! なん …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。現在は、年長と小3とになる息子を育てながら、起業準備中の理系ママです。

動物園や博物館をめぐるのが好き。こどもをアウトドアや海外旅行に連れ出し、生きぬく力を養おうと試み中?!
プロフィール

アーカイブ