2016夏 シカゴ

シカゴ 6歳の子どもに安全な場所か?

投稿日:2017年1月6日 更新日:

 子どもを連れての、初めての海外旅行でした。滞在したシカゴについて、良かった面、悪かった面などを振り返りたいと思います。

▼治安面

シカゴはアメリカの第3の都市です。
大都市なので、大都市なりに便利な反面、大都市なりの危険はあるだろうな、と思っていました。

「アル・カポネがいた街だから、怖くないはずがない!」なんて意見もありましたが、ネットなどで調べて、それは大丈夫かも、と判断しました。

 実際は、オヘア空港に到着してオヘア駅に行くまでの雰囲気、そしてブルーラインに乗って市内に入るまでの車窓の風景(ペンキで落書きされた廃墟がいっぱい)を見たときは、「あれ?ちょっとやばいかも」と思いました。

でも、市内に入ると一気に洗練された摩天楼の風景にかわりました。華やかな雰囲気で、一気に安心しました。

 

基本的に、「ダウンタウン」と呼ばれる、ループやマグニフィセントマイルあたりを歩きましたが、そう危険を感じることはありませんでした。

ただ、建物の間の路地裏や高架下などは、明らかにヤバそうな雰囲気で、バットマンの「ゴッサム・シティ」を思い出しました。こうした場所は避けた方がよいと思います。

20160829シカゴ11日目_52

▼距離と料金

日本からの飛行距離は12時間ほどです。成田‐シカゴの直通飛行機があり、朝出発したら朝に到着するので、それなりに便利です。

空港から市内へのアクセスも良く、観光地は市内に凝縮されているので、歩いて楽しむこともできました。

私は、いつもは格安航空や乗継便で、より安い(そして苦労の多い)旅を選ぶのですが、今回は初の子連れ海外と言うことで、安心安全なANA直行便にしました。

早割で予約しましたが、それでも親子でそれなりの値段がしました。

▼物価・朝食

この時期、円安だったこともあって、より高かったです。

ミネラルウォーターなどは、WalgreensやTagetなどのディスカウントストアで調達し、朝食はシリアルやインスタントスープ、カップラーメンで過ごしました。朝、肌寒い日もあったので、長男は朝食カップラーメンを結構気に入っていました。

▼シカゴの人柄

シカゴの町は、みな陽気で明るくて、そしてなにより子どもに優しかったので、とてもリラックスして旅行を楽しむことができました。

バスに乗っても、すぐに長男に席を譲ってくれます。そのまま長男が寝ちゃうと、「寝ちゃったね」という感じで目配せして微笑んでくれました。ドアは開けて待っていてくれるし、何かとサポートしてくれます。子どもを見守る目がやさしいので、私もたっぷりリフレッシュできました。

日本では、電車に乗ると迷惑そうな顔をされ、できるだけ目が合わないよう無視され、子どもが動くと睨みつけられる、という状況が多く、基本周りには「すみません」と謝り続け、子どもには「シー」「動かないで」と要求ばかり、というのが当たり前になりつつあったので、久しぶりに羽をのばせた!という感じでした。

▼文化面

多くの動物園や水族館、博物館を訪問することができましたが、どこに行っても、子どもの遊び場がしっかり用意されていたのには、びっくりしました。

子どもは、「触る」し、「登る」し、「走り」ます。その欲求を満たす空間が、どの施設にもちゃんと用意されていました。

フィールド博物館の「Crown family PalyLab」や科学産業博物館の「Idea Factory」などは、ちゃんとその施設にあった教育機能を備えながらのキッズゾーンになっていて、ぜひ子連れは体験してほしい施設でした。日本では、経験できない体験でした。

 文化施設でも、「子どもをうるさがる雰囲気がない」というのは、本当にありがたかったです!

■Marvel Comics
BlogPaint

そして男の子なら、「スパイダーマン」や「スーパーマン 」などが街中にあふれているのは、魅力的なようです。

ディズニーストアでもTシャツなどをたくさん購入しました。

 

子どもの好みによるかもしれませんが、長男にとって初めての海外旅行のシカゴは、大正解!だったようです。

 こどもにおすすめ度 ★★★ でした!
(性格や好みによる)

アドセンス




アドセンス




-2016夏 シカゴ

関連記事

シカゴ1日目 直行便でシカゴへ、ミレニアムパークで遊ぶ

朝ちょっと早めに起き、空港に向かって家を出発!いよいよシカゴに向かって移動です。 目次 まずは成田空港のプレイゾーンで遊ばせる シカゴに到着!公園へ遊びに行く もちろん、ミレニアムパークの”ビーン”も …

シカゴ 文化施設を無料で楽しむ!

 シカゴには、無料で楽しめる場所がいっぱいありました。また、夏にはたくさんのイベントがおこなわれていて、無料で楽しめるものもたくさんあります。 そこで、滞在中に無料で楽しんだ、おすすめスポットやイベン …

シカゴ10日目 いざ!ミルウォーキー動物園へ

ミルウォーキーは、シカゴからアムトラックで北に1時間半のウィスコンシン州にある町です。 ミルウォーキー動物園(Milwaukee County Zoo)は、駅から西へバスで40分ほど行ったところにあり …

シカゴ9日目 ノートバート自然博物館?!

この日は、朝から小雨。 近場で過ごそうと、リンカーンパーク行きのバスに乗り、羽ばたくチョウが見られるというノートバート自然博物館(The Peggy Notebaert Nature Museum)を …

シカゴ 市内にある映画のロケ地を訪問する

Chicago River & Irv Kupcinet Bridge   映像マニアの長男。 シカゴに興味を持ってもらうには、映画が一番!ということで、旅行前の予習に、シカゴが舞台 …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。現在は、年長と小3とになる息子を育てながら、起業準備中の理系ママです。

動物園や博物館をめぐるのが好き。こどもをアウトドアや海外旅行に連れ出し、生きぬく力を養おうと試み中?!
プロフィール

アーカイブ