子連れ旅行 関西アウトドア

徳島でキャンプ!コットンフィールドで川とビールと温泉と

投稿日:2022年5月14日 更新日:

こどもは、自然あそびが大切!ということで、小6と小3の息子を連れてキャンプに行きました。

今回、車で向かうのは、徳島のコットンフィールドというキャンプ場です。

川で遊び、美味しいクラフトビールを味わい、温泉にも入ってきましたよ!

徳島には川遊びできるキャンプ場がいっぱいある

川遊びできるキャンプ場がいいよね!ということで選んだのは、徳島県神山町にあるコットンフィールド。

吉野川より南の山の中に位置します。

徳島には、川遊びできるキャンプ場がたくさんあるようです。

今回は、小学生の子ども2人がそれなりに楽しめる川で(魚が捕れたり生物がいる)、そんなに遠くなくて(今回は、阪神地域から高速道路を使って2時間ほど)という条件で探していたところ、地ビールが飲めて、温泉まであるキャンプ場がある!ということで、決めました。

ブリュワリー(Brewery)好きとしても、要チェックです!

徳島市内で徳島自動車道を降り、西に向かって川沿いの田舎道(国道438号線)を40分ほど走ります。

小さな集落にある郵便局の横の道を入ると、コットンフィールドという看板が見えます。
それに従って進むと、公園があり、公園の駐車場があり、テントサイトのSがあり、ビール工場があり、最後にググッと登って受付に到着です。

集落からは車で5分ほどなので、山奥という感じはありません。

受付の前は、キャンプファイヤーサークルになっていて、その周りにバンガローやコテージがありました。

受付で支払いと説明を受けます。テントサイトは、SとMとRの3種(たぶん、Spring、Mountain、Riverの略?)。
川遊びがしたいわが家が予約したのは、Rサイト。受付から、川を見下ろすと見える川沿いのサイトです。

受付後、狭い急斜面を車で降りて、Rサイトに到着です。

川を見ながら本格的地ビールを飲む贅沢

Rサイトは、川側の眺めがとっても素敵な空間でした。

車とテントで囲まれた空間にテーブルやハンモックを置いて、目の前に広がる川の風景を楽しむことができます。

地面は細かい砂利がフラットになっているので、水はけもよく、快適に使うことができました(ペグを打つにはちょっと固めです)。

Rサイトは、全部で10区画あり、よく掃除された炊事場ウォッシャブルのトイレもありました。川に降りる場所が3か所にあり、緑に囲まれた川は浅めで流れも穏やかです。

風景としても最高なのですが、砂防ダムががっちりしすぎていて、ちょっと人工的なのが惜しい部分です。

ほぼキャンプ場内と言えるほど近くにある「KAMIYAMA BEER」は、アイルランド人オーナーが2018年にオープンさせたブリュワリーです。

地ビールは、地元の素材を活かした様々なタイプのものがあり、すべて味も香りも最高
お値段は、330mlビンで600円前後です。

週末12:00~18:00だけの営業のようですが、ビンビールはキャンプ場の受付や、温泉の売店でも買うことができます。

神山温泉は徒歩5分でお肌すべすべ

歩いて5分の場所には、「神山温泉ホテル四季の里&いやしの湯」があります。

温泉を利用できるのは20時までということだったので、早めに夕食を食べてから、タオルをもって温泉に向かいました。

キャンプ場からはつり橋を渡って、裏手からのアクセスになります。

きれいに手が行き届いている温泉ホテルで、掃除が頻繁に入ってくれるので、脱衣所に髪の毛ひとつ落ちていませんでした。

そしてびっくりするのが温泉の質。無色透明のヌルっとした感じのお湯なのですが、お肌がすべすべになります!

お風呂上りに売店で地ビールを買いました。栓抜きで開けてもらって、冷え冷えのビールを飲みながら、テントに帰る。
なんて贅沢!

夜は火を囲んでお菓子を食べてから、寝ました。

子どもたち、ろうそく遊びもできるようになってきて、火の扱い方が慣れてきた感じです。

あたりめを炙って食べていたので、海鮮のにおいをぷんぷんさせてしまいましたw

夜は、川の流れる音で喧噪もかき消され、快適に寝ることができました(朝方などトイレに歩く砂利音が気になりましたが)。

次の日も、こどもは朝から川遊び。カジカガエル、カニ、トンボなどを捕っていました。

もっと暑くなったら、泳ぐのも楽しめそうです。

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-子連れ旅行, 関西アウトドア

関連記事

ナイトサファリはコンセプト勝ちで大人気の動物園!

ナイトサファリは、夜にだけオープンする世界初の動物園です。 シンガポールでも人気の観光地で、日本からのツアー客もたくさんいました。   目次 熱帯性哺乳類の夜の生態を見せる動物園なのだ! ト …

須磨浦山上遊園まで息子たちとハイキング、いや軽登山だね!

寒い季節だけど、こどもは元気いっぱい! 寒いからこそ、ちょっとした山に登りたい!  ということで、7歳と4歳の息子を連れて向かったのは須磨浦公園駅。ここから、鉢伏山、旗振山を通って、須磨山上遊園に向か …

福井の恐竜博物館は、4歳の男の子でも楽しめる?

福井県にある恐竜博物館に行ってきました。 一度は行きたかった恐竜博物館。さて、7歳と4歳の息子たちは楽しめるでしょうか? 目次 高速道路でアクセス簡単!恐竜モニュメントにわくわく! 建物や展示がおしゃ …

「神戸どうぶつ王国」のイベント有料?無料?できるだけ安く楽しむ方法

何度も行きたい神戸どうぶつ王国。 しかし入園料も高いし、中に入ってからも、もろもろ費用がかかる! 有料エリアに入り、餌をあげ、動物に乗り、一緒に写真を撮る、なんてしていると、あっという間にお財布がすっ …

コピティアムで朝食を!シンガポールの食費を安くあげる

シンガポールでは、「外食」が当たり前。昼食や夕食はもちろん、朝食まで「100%外食」の家もあるそうです。 市内のあちこちに、「コピティアム」や「ホーカー(ズ)」と呼ばれる場所(日本でいうフードコート) …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ