育児 育児のコツ

休校中の1日の理想スケジュール(小4男子の場合)

投稿日:

臨時休校、長いです。長すぎます。2ヶ月目に突入しました。

学校に行けない、お出かけできない生活です。メリハリがなくなり、気を抜くと生活がみだれてしまいます。

そこで、わが家が心がけている1日のスケジュールの理想版をご紹介します。

わがや理想的スケジュールはこれ!

わが家が理想とする1日のスケジュールは、こんな感じです。

6:00 起床、自分で着替え
6:20 朝食、歯磨き(家族全員で)
7:00 ランニング(近所の友達と) 
8:00 家事手伝い、テレビ視聴
9:00 今日の予定をたてる
10:00 外遊び or デジタルコンテンツ視聴
11:30 昼食
13:00 外遊び or 自由時間
18:00 暗くなる前に帰ってくる
18:30 夕食、片づけ
17:30 入浴
20:30 家族で録画番組を見る
21:30 就寝

外遊びの時間は、熱中して長時間遊べれば、遊べるほど「よし!」としています。「勉強=楽しいもの」を維持するために、勉強や宿題の時間は作っていません

生活リズムを崩さないポイント

生活リズムを崩さないように、とても気を付けています。

平日は、夫が通常どおり出勤しているので(いいのか?)、朝食を一緒に食べることで、あまりリズムは崩れていません。

でも小学生、運動していないとお腹は減らないし、朝食もダラダラで食べられないんですよね。

一時期は、退屈な毎日に体力が落ち、お腹がぽっこりしていました。

最近は、朝7時に「朝練」と称したランニングに参加しています。

近所の小学校4~6年生たちが、7時に河原に集合します。そして、川沿いの往復5kmほどを、皆で走って(時に爆走、時にだらだら歩き)くるのです。

これに参加すると、朝からきびきび行動してくれるようになります。この効果はすごいです!

できるだけ外遊び、友達との遊びを優先する!

午前の10:00~11:30、午後の13:00~日没前までという多くの時間を、外遊びの時間としています。でも、なかなかそうはいかない。実際は、誰かと遊べれば、できるだけ長く外遊びをするよう促すという感じです。

ただ、昔のように、近くに公園や原っぱがあるわけではなく、外から聞こえる子供の声で遊びに行くこともありません。

たいていは親同士がラインなどで連絡を取り合い、「公園で遊ばない?今日は私が面倒みるよ」などと、予定を組んだりしています(これは、自分がワーキングマザーで、ワーキングマザー同士の友達が多いからかもしれません。親を含めて集まっている親子も多いようです)。

また、とてもありがたいことに、家のインターホンを鳴らして、遊びに誘いに来てくれる近所の女の子がいます。

今時、めずらしいのですが、彼女を中心に友達の輪が広がっていて、異学年で男女関係なく遊んだりもしています。子どもにとっては、とてもよい勉強になります。

その様子は、とても微笑ましく、まだ一緒にあそべない子もお母さんなどと一緒に参加したりして、良い雰囲気です。

こうして外で遊ぶのが一番の勉強だと思うのですが、天気が悪かったり、遊べる友達がいなかったり、遊ぶメンバーが解散してしまったりして、やはり家の中にいるということもあります。

そんな時は、暇で本を読んでいたりします。勉強時間は設けていないのですが、「暇すぎる~」という時には、Eテレデジタルコンテンツを見せたりします。

学校の宿題は、たいして出ていませんし、集中力がある子なので、学校再開が決まってから直前にやる、、、かな?

わが家の教育方針では、遊ぶのが勉強!なので、休校中でも午前、午後とも思いっきり遊び、しっかり疲れて健康的な毎日を送って欲しいです。

休校中につくづく感じるのは、小学校4年生の男子、部屋の中での運動では、とてもとても健康を維持できない!ということです。

暇すぎのポーズ
暇すぎで寝ころぶ次男

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-育児, 育児のコツ
-, , ,

関連記事

子どものサッカー

小学生のサッカー、親が大変なのはクラブチーム?少年団?

小学校5年生で、クラブチームに移籍した長男。 突然のことで、どうなることやら?と思っていましたが、本人、なかなか楽しそうにやっています。 そして、親である私も、だんだん少年団とクラブチームの違いがわか …

灘中行くなら浜学園?入塾テストを受けてプール生になってみた

灘校の生物研究会にあこがれて「灘中に行きたい!」と言い出した、小学3年生。 一方、わが家は「10歳までは遊びが仕事!」「公立中学でじゅうぶん!」の教育方針。 しかし、この子は「勉強も遊びのうち」のよう …

3月で退職します!でも、問題山積み!日本って、厳しすぎやしないかい?!

退職届を出しました! 今は、残った仕事の処理と引き継ぎ、それに4月からの新しい生活への準備でバタバタしています。退職後は、失業保険に保育園、学童など、どうなるのかわからないことだらけです。 目次 一番 …

ちょっと一休み

【小1の壁】下校はどうする?解決したのはシッターではなくまさかの

働くお母さんたちがぶつかる「小1の壁」。 その中でも特に、子どもが学童から家にどうやって帰るか、は大きな問題でした。 そんな苦労から数年たち、やっと懐かしく思えるようになったので振り返ります。いや~、 …

手に入れたLaQで自称「LaQ名人」が作った作品

LaQ(らきゅー)は、小さなプラスチックパーツを組み合わせていろんな形を作ることのできるオモチャです。 長男はこのオモチャが大好き。ても、家では買ってもらえずにいました。 ところが、ご近所さんの年末掃 …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

わが家独自の教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)で育てた2人のこども(2010、2013)は、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ