子連れ旅行 関西アウトドア

大型遊具にふれあい動物園、お土産においしい塩!赤穂海浜公園で遊ぶ

投稿日:

オートキャンプ場で止まった翌日、隣の赤穂海浜公園を訪問しました!

とても手入れされた広い施設なのですが、なんと入園無料!!子どもたちが体を動かし、勉強できる環境が整っています!

お土産に美味しい塩を持って帰れますよ!

※この記事は、以下の記事の続きです(2020年、2021年と通っているわが家)。

入園無料、子どもが遊べる遊具がいろいろある!

赤穂海浜公園は、とっても広くて(71.7ha)無料で入れます。

駐車場はたっぷりあって(1000台以上止められる)、普通自動車は1回500円!
なかなかお財布に優しいお値段です。

赤穂海浜公園の展望

中はかなり広くて整備されています。

ここでは、トライアスロン大会もできちゃうんですよね。
スイム・バイク・ランすべて公園内で開催されていました。スイムでは、写真右手に見える湖を泳ぎます。

子連れだと、やっぱり一番に食いつくのは、大型遊具です。
観覧車の方へ行ってしまわないよう(お金がかかるからね)、難破船の方へ誘導します。

赤穂海浜公園の難破船

こどもも満足する大きさw。

赤穂海浜公園のローラー滑り台

ローラーコースターだってあります。
これ、そんなに小さいわけでもないのですが、空間が広いので小さく見えますね。

芝生も水辺もあるので、虫取りなども楽しめます。テントを広げたり、木陰のベンチで休むのもいいですね。

動物ふれあい村は、動物との距離が近い!

公園の中には、動物園もあります。
名前は、「赤穂海浜公園動物ふれあい村」。こちらが入口。

赤穂海浜公園の動物ふれあい村

入園料は、500円(3歳以上)。
そのため、赤ちゃんなしの4人家族だと、2000円を支払わなければならないお値段です。

「ふれあい動物園」ってネーミング、いまいちな所も多いので迷いましたが、ここは神戸どうぶつ王国も運営する会社が経営している聞いて、入ることにしました。

結果、大満足でした!

なぜなら、

赤穂の動物ふれあい村

動物がやさしくて、いいかんじで飼われているからです。

餌は100円で買わなくてはならないのですが、動物がガッツキすぎるでもなく、人にとても慣れています。

動物ふれあい村のゾウガメ

動物たちものんびりしていて、いい感じです。

こどもたちも楽しんでいました。

海洋科学館では、塩作り体験をすべし!

そして、訪問を忘れてはいけないのがこちら。
赤穂市立海洋科学館・塩の国です。

赤穂海浜公園の科学館

建物の屋内外で、塩作りについて学べてしまう博物館です。

入館料は、小中学生100円、大人200円です(JAF割で20%引きです)。
そして入館券ととともに、なんと塩がもらえます! ←これ、重要!

赤穂の海洋科学館でもらったもの

この塩がめちゃめちゃおいしいのです!

もう、「塩代です」って言って支払ってもいいぐらい、おいしい塩なのでしっかり持って帰りましょう。入館ひとりに一袋もらえるので、わが家は4個分、私がさっさと回収しますw。

そして、時間があればぜひおすすめしたいのが塩づくり体験!

赤穂海浜公園で塩づくり

こんなかんじで、土鍋の中にすでに濃くなっている塩水を入れて煮詰める体験です。

おじさんが塩作りの歴史とともに、方法を教えてくれます。

最後に、水分を飛ばしてスプーンで手早くかき混ぜると、さらさらになってきます。重要な部分は、おじさんがしてくれるので、安心。

赤穂海浜公園で塩づくり完成

そして、熱い熱いできたての塩をビニール袋に入れておいしい塩の出来上がり!

これもお土産で持って帰れます。

ほんとうに、なめるだけでそのおいしさがわかるから試してみて!

ということで、なかなか楽しめる赤穂の海浜公園でした。

園内に、おいしいレストランがないことだけが残念かな~。

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-子連れ旅行, 関西アウトドア

関連記事

斜行エレベーターが気になる西宮名塩に行ってみた!

高速から見える、山頂の近未来的なマンション群と、そこに伸びるガラス張りの長い建物。 前々から珍百景的でかなり気になっていました。 最近、「その近くに広い公園がある」と聞いたので、この風景を見学しがてら …

親子でシンガポール7日目 チャンギ国際空港から帰国だよ!

朝からホテルのチェックアウトして、チャンギ国際空港に向かいます。 一週間楽しんだシンガポールも、今日でお別れです。   目次 チャンギ空港駅でイージーリンクカードとお別れ 空港には無料のバタ …

「栗拾い」に宝塚の東元農園へ!【2022年も開園、9月末がベスト】

【2018年度の記事です。2022年も開園しています】 実りの秋!食欲の秋!です。 秋をしっかり感じたくて、子どもと「栗拾い」に出発です!目指すは、宝塚市街からやや北にある西谷地区。 栗ひろいができる …

8歳男児と行く子連れシンガポール1週間、旅行記まとめ

2018年夏に行ったシンガポール旅行の内容をまとめました。   ▼シンガポールを楽しむ  ・今年の旅育はシンガポール1週間にした  ・バスや電車の移動は、「ez-linkカード」がお得で便利 …

シー・アクアリウムはセントーサ島にある水族館

セントーサ島に渡ってすぐの場所にあるのが、「シー・アクアリウム(S.E.A. Aquarium)」という水族館です。 2012年に開園した「世界最大級の海洋水族館」ということで、見てきましたよ! &n …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ