子連れ旅行 関西アウトドア

ふかふかの芝生で安心・安全!こどもと一緒に赤穂海浜公園オートキャンプ場へ

投稿日:

子どもの成長には、自然体験はとても重要!

ということで、梅雨の合間をぬって、人気でなかなか予約の取れない、赤穂海浜公園オートキャンプ場に行ってきました!

とても手入れされた、設備の整ったキャンプ場でしたよ!

兵庫県の西のはし!海沿いの公園にあるキャンプ場だよ

赤穂海浜公園オートキャンプ場は、あの「赤穂の塩(あこうのしお)」で有名な、兵庫県赤穂市にあるキャンプ場。

塩田があった跡地を、県が「赤穂海浜公園」として整備し、運動施設や教育施設を作りました。オートキャンプ場は、その海浜公園の西端に位置します。

車なら、神戸から1時間ほど。赤穂インターチェンジで降りて10分ほどで到着です。

赤穂オートキャンプ場近辺の地図

このキャンプ場、人気があって週末などはなかなか予約が取れないキャンプ場です。夏はもちろん冬も場所がら、新鮮な牡蠣を焼いて食べる「牡蠣キャンプ」をする人でいっぱい!

そんなキャンプ場なので、共働きのわが家が予約を取るのは大変です。でも、キャンプ場予約あるあるで、事前予約で押さえたものの、天気がいまいちで、前日や当日にキャンセルする人もいるんだよね。

今回も、そんなキャンセルをねらって数日間前に予約できました!

赤穂オートキャンプ場入口

キャンプ場の入り口は、海浜公園西駐車場の道路向かいにあります。

綺麗に舗装された門を通ると、チェックイン用駐車場があるので、そこに車を止め、正面にある建物に入って受付をします。

赤穂オートキャンプ場受付

建物の中は、とても清潔。クーラーが入っていて涼しいし、ホテルのロビーのようです。

そしてガラスの向こうに広がる、きれいな芝生!緑が目にまぶしいです。

そう、ここはとても環境が整えられているオートキャンプ場なのです!

赤穂オートキャンプ場フリーサイト

(写真はちょっと曇り気味w)

この設備でこのお値段!人気はコテージやロイヤルサイト!

受付で使用料金を払ったら車に戻り、受け取った駐車カードを使ってキャンプ場内に入ります。

場内は、一方通行の車道が整備されていて、手前から時計回りにフリーサイト、キャンピングカーサイト、ファミリーサイト、コテージと並んでいます。

赤穂オートキャンプ場地図

わが家が予約したのは、フリーサイト。

建物から見えた広い芝生の空間なのですが、道路と芝生の間にしっかり駐車スペースがあるので、テントサイト近くに車を置くことができます

芝生が広すぎて、テントやBBQ台、机などの配置に迷っちゃいました。

赤穂オートキャンプ場直火禁止

なお、この日は梅雨まっただ中でキャンセルも多く、予約がなかなか取れないコテージが空いたそうで、受付にも「コテージ開いてます!」の看板がぶら下がりました。

確かにコテージ、綺麗なログハウスでとってもおしゃれでした。人気があるのもわかります。

お値段もこの施設の充実度なのに、このお値段!安いです。

フリーサイト 3500円
ファミリーサイト(エコノミー) 4500円
ファミリーサイト(ロイヤル) 5500円
キャンピングカーサイト 8000円
コテージ 12000~17000円

http://www.hyogo-park.or.jp/akoauto/contents/sisetsu/ryokin.html

同じく人気が高くて予約が取れにくい、ファミリーサイト(ロイヤル)はこんな感じ。

赤穂オートキャンプ場ファミリーサイト

電源と水道、流し台がついています。設備も芝生も、とてもきれいに整備されています!

キャンピングカーサイトには、上下水道完備(水道と汚水口があるそう)です。

直火、焚き火、花火、ペットは禁止!子どもに優しい遊具があるよ

実際にキャンプしてみると、やはり芝生の状態がすごくいいのに驚きます!

テントを張るにも、地面は平らでふかふか。フライを止めるペグも、すぐに地面に刺さります。

地面が斜めで、寝ていると片方によって行くw、とか、寝ると石や伸びた木の根が背中に当たり痛いw、なんてキャンプあるあるもありません。

ふかふかなうえに、ゴミ1つ落ちていないので、子どもたちは芝生の上で裸足になって遊びまわっていました。芝生の上で、側転する女の子たちも。ごろごろ転がるだけでも、とても気持ちいいです。

キャンプ場内には、大きな炊事棟が3ヶ所あり、こちらもとてもきれいにしてありました。なお、ここでの煮炊きは禁止です!

赤穂オートキャンプ場洗い場

キャンプ場内には、遊具もあります。大きな遊具から、ブランコだけの小さな遊具まで、キャンプ場内に点在していました。

ちょっと子どもを遊ばせるのに、遊具はうれしいですね。わが男児たちは、遠くの遊具へも走って行って遊んでました。

赤穂オートキャンプ場遊具

このキャンプ場は、直火、焚き火、花火、ペットは禁止です!

ちょっと厳しいようですが、この芝生の状態を見ていると、それもうなずけます。芝生がはげているところなんで、ぜんぜんない!

このすばらしい芝生を維持するためには、しょうがないでしょう。

ホテルのようなセンターハウスには、ジュースやアイスの自動販売機、コインシャワー、コインランドリーなども用意されています。

車で買い出しに行くにも、市内まで数分。夜間は、21時~朝9時まで門が閉まります。

赤穂オートキャンプ場近くの海岸

徒歩5分の場所には、赤穂唐船(あこうからせん)サンビーチに出ることができて、潮干狩りや海水浴ができます。

シーズンが違うので、海岸を歩いただけだったのですが、子どもたちは朝から蟹をとって遊びました。

2日目は、赤穂海浜公園で遊んでから帰りました。これについては、後日レポートします!

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-子連れ旅行, 関西アウトドア

関連記事

「栗拾い」に宝塚の東元農園へ!【2019年度情報追加!】

【2018年度の記事に、2019年度の情報を追加しました!】 実りの秋!食欲の秋!です。 秋をしっかり感じたくて、子どもと「栗拾い」に出発です!目指すは、宝塚市街からやや北にある西谷地区。 栗ひろいが …

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。 旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。 そこで、今回のわが家のプ …

雨でも遊べる!大阪のATCあそびマーレ

 週末は、アウトドアでたっぷり気分転換!と行きたいのに、なぜかこのところ雨ばかり。 さすがに、息子たちも有り余る体力を発散させる事ができず、ケンカが多くなっています。  そこで、室内で思いっきり遊べる …

不思議な形の魚のタッチング水槽

こどもがよろこぶ琵琶湖博物館!必見の場所はここ!

「大人もこどもも楽しめる」と評判の高い、琵琶湖博物館(通称、びわ博)。 実際に訪問すると、水族館のような水族展示室が楽しい!そして、他にもこどもたちが大喜びの展示がありました。子連れ訪問では、必見の場 …

初キッザニア甲子園!準備は必要?大人がすることは?

「キッザニア」とは、こどもが職業体験できるテーマパークです! ちょっと興味があったけど、どんなところかわからず、今まで行ったことがありませんでした。   今回、割引券が手に入ったので、とりあ …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。そして、なんやかんやで起業することに!

息子たちは、小4と小1になり、毎日楽しそう!

教育方針は、人生は学び!学びは楽しい!でいく予定。

プロフィール

アーカイブ