育児のコツ

育児忍法「喜車の術」と「哀車の術」でやる気満々

投稿日:2017年1月11日 更新日:

「楽車の術」は、羨ましがらせて戦意を喪失させます。イヤイヤ坊やには、なかなか使える術でした

「喜車の術」と「哀車の術」も、育児に使えます。

「喜車の術」とは、相手をおだてたりして喜ばせ、いい気にさせて協力させる術です。

 子どもたちは、暇になると余分な事(親にとって)をしてしまいがち。そして、その余分な事をされると、ついついこちらも怒ってしまいそうになります。

 そこで、その前にこちらがやってもらいたい事を頼んでおくのです。 例えば、「郵便を1人で取りに行けるのすごいよね〜。今日も取りに行ってくれると嬉しいな」って感じ。

 「哀車の術」とは、相手の同情心をあおる術です。

単独でも使いますが、「喜車の術」に混ぜることもできます。「頼めるから、お母さんも助かるわ〜。」という感じです。

 物を取りたい時、「あそこのものが取れないの。取ってくれる?」
「わぁ~ありがとう」という、言葉が子どもたちの行動をぐんぐん引き出してくれます。

BlogPaint

アドセンス




アドセンス




-育児のコツ

関連記事

机に向かって勉強する写真

勉強は楽しいもの!わが家は「勉強しなさい」と言わない

10歳までは遊びが勉強!というのが、わが家の教育方針。「遊びなさい!」と言っても、「勉強しなさい!」とは言いません。 「宿題した?」はしょっちゅう言うんですけどね。 目次 勉強は楽しいもの!と思ってい …

机に向かって勉強する写真

小2で偏差値30だった長男の小5の成績は?

長男も小学5年生になりました。あいかわらず塾などには行かせず、「子どもは遊びが仕事!」を実行中です。 小2で受けた塾のテストでは、偏差値30前後をとっていた長男ですが、普段の学校の成績が気になる人も多 …

朝のこどもとの別れ方「あくしゅで、バイバイば〜い」

毎日の朝の保育園。  ついつい、バタバタしてしまい「はやく!」なんて言えば、その後、こどもはぐずり始め、悲惨なことに…。 結局、余計に時間がかかる。   だから、いつも子供たちの気持ちを前に …

新聞紙イメージ

低学年で国語力を鍛える!毎日の音読は小学生新聞

小学生になると毎日、教科書の音読が宿題として出されます。 でも毎日同じ文章を音読するのは、子どもも聞く親も苦痛。そこで、わが家は小学生新聞を利用しています。 新聞を取る家も少なくなっているようですが、 …

漢字を自習、いろいろ間違ってる

「勉強しないから腹が立つ」お母さん多し!でも、低学年は「遊びが勉強」だよね!

先日、神戸で「勉強を教えても理解してくれなかったので腹が立った」と、6歳の長男を殴った母親が逮捕されました。 殴るのは、確かに良くはありません。しかし、なぜか自分の子どもの勉強を見ると、腹が立つんです …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ