動物園・博物館 子連れ旅行

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

投稿日:

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。

旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。

そこで、今回のわが家のプランをご紹介します。

 

多賀サービスエリアでは、メガメロンを食す

今回の旅行は、友達の子連れ家族と一緒に行きました。

近所に住む家族なのですが、集合はあえて9時に「多賀サービスエリア」

高速道路は、京都付近がいつも混むのでそれを通り過ぎた後の、比較的施設が充実している多賀SAにしたのです。

ぶじ合流して、近況の話で盛り上がります。

 

わが家はそこで、メガメロン(620円)を買いました!

子どもの顔より大きい、巨大メロンパンです!

そもそも子どもたちは、メロンパンが大好きなのですが、このパンは現地で焼き立てだけあって、なかなか美味しかったです。

小腹がすいた家族4人、争うように食べました。

 

そして、博物館に向かって出発です!

博物館については、こちらに詳しくまとめました。

 

博物館ディノは混むけど、インスタ映えメニューがたくさん!

博物館に着いたのは、11時過ぎ。

すぐに館内を見たいところですが、混むと噂のカフェ&レストラン「ディノ」で、先にランチを食べることにしました。

 

このレストランでは、解放的な山並みを見ながら、インスタ映えしそうなメニューを、そこまで高くない価格で食べることができます。

私が頼んだのは、「フクイサウルスの卵カレー」(900円)。

恐竜型(?ラマにも見える)のナゲットがついています。

 

子どもは「恐竜バーガー」(560円)を注文しました。

お子様メニューより安いお値段で、恐竜の足跡の形をしたパンの間にパティが挟まっています。

ポテト付き、ケチャップ付きで、子どもたちは大喜びでした!

 

子どもたちが運動できる機会をこまめに作る

恐竜博物館の展示は圧巻でしたが、動き盛りの男児たち(4~7歳)には、体験型でない展示ではやや不完全燃焼のようです。

2階にあった「ダイノラボ」は参加体験型だったので、ここは階段を上ったり、触ったりしてゆっくり楽しんでいました。

いったん外に出て「公園」での遊びを取り入れたのも良かったようです。

 

この日の宿泊先は、「越前三国休暇村」。

移動には車で1時間ちょっとかかりますが、美味しい海の幸が待っています!

ホテルでは、味覚と絶景に癒され、開放的な温泉も楽しみました。

 

次の日は朝食後、ホテル近辺を散策しました。

すぐ隣にはオートキャンプ場や遊具のある芝生広場があります。

自然豊かな環境なので、「ジグモ」や「アリジゴク」を取りました。

川には、アカハライモリがうじゃうじゃいてすごいことになってました。

 

ゆっくりと自然を満喫した後は、帰宅の道につきながら「道の駅」などで買い物をして帰りました。

親も子も存分に楽しめた旅行でした。

恐竜博物館はもちろん、福井の自然や味覚も存分に楽しめた旅でした!
上手くメリハリをつければ、子ども連れ旅行におすすめです!

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-動物園・博物館, 子連れ旅行


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

不思議な形の魚のタッチング水槽

こどもがよろこぶ琵琶湖博物館!必見の場所はここ!

「大人もこどもも楽しめる」と評判の高い、琵琶湖博物館(通称、びわ博)。 実際に訪問すると、水族館のような水族展示室が楽しい!そして、他にもこどもたちが大喜びの展示がありました。子連れ訪問では、必見の場 …

雨の日の穴場スポット?灘浜サイエンススクエアで遊ぶ

 雨の日に、「男の子が喜んで」「運動もできて」「勉強になって」「お金がかからない」場所に行きたい!ということで、灘浜サイエンススクエアに行ってきました。 お昼を食べてから行って、閉館まで楽しみました。 …

ジュロンバードパークは鳥好きでなくても面白い!

ジュロン・バード・パーク(Jurong Bird Park)には、世界中から集められた400種類もの鳥たちが、広大な敷地で飼われています。 私も子どもも鳥好きではないのですが、さまざまな展示や餌やり、 …

「神戸どうぶつ王国」の入園料は?できるだけ安くする方法は?

何度でも行きたい「神戸どうぶつ王国」。しかし2018年4月から、入園料が値上がりしています! そこで、できるだけ安く入園できるお得な方法をまとめました。 目次 現在の入園料はいくら?セットプランはある …

スーパー・ヒーローズ・カフェに行く!アメコミ好きは必見!

シンガポールで「スーパー・ヒーローズ・カフェ」という、男の子のテンションが上がるカフェを発見しました! スーパーマンやバットマンなどのグッズがたくさん並んだテンションあがる空間で、買い物したり飲食でき …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

わが家独自の教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)で育てた2人のこども(2010、2013)は、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ