動物園・博物館 子連れ旅行

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

投稿日:

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。

旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。

そこで、今回のわが家のプランをご紹介します。

 

多賀サービスエリアでは、メガメロンを食す

今回の旅行は、友達の子連れ家族と一緒に行きました。

近所に住む家族なのですが、集合はあえて9時に「多賀サービスエリア」

高速道路は、京都付近がいつも混むのでそれを通り過ぎた後の、比較的施設が充実している多賀SAにしたのです。

ぶじ合流して、近況の話で盛り上がります。

 

わが家はそこで、メガメロン(620円)を買いました!

子どもの顔より大きい、巨大メロンパンです!

そもそも子どもたちは、メロンパンが大好きなのですが、このパンは現地で焼き立てだけあって、なかなか美味しかったです。

小腹がすいた家族4人、争うように食べました。

 

そして、博物館に向かって出発です!

博物館については、こちらに詳しくまとめました。

 

博物館ディノは混むけど、インスタ映えメニューがたくさん!

博物館に着いたのは、11時過ぎ。

すぐに館内を見たいところですが、混むと噂のカフェ&レストラン「ディノ」で、先にランチを食べることにしました。

 

このレストランでは、解放的な山並みを見ながら、インスタ映えしそうなメニューを、そこまで高くない価格で食べることができます。

私が頼んだのは、「フクイサウルスの卵カレー」(900円)。

恐竜型(?ラマにも見える)のナゲットがついています。

 

子どもは「恐竜バーガー」(560円)を注文しました。

お子様メニューより安いお値段で、恐竜の足跡の形をしたパンの間にパティが挟まっています。

ポテト付き、ケチャップ付きで、子どもたちは大喜びでした!

 

子どもたちが運動できる機会をこまめに作る

恐竜博物館の展示は圧巻でしたが、動き盛りの男児たち(4~7歳)には、体験型でない展示ではやや不完全燃焼のようです。

2階にあった「ダイノラボ」は参加体験型だったので、ここは階段を上ったり、触ったりしてゆっくり楽しんでいました。

いったん外に出て「公園」での遊びを取り入れたのも良かったようです。

 

この日の宿泊先は、「越前三国休暇村」。

移動には車で1時間ちょっとかかりますが、美味しい海の幸が待っています!

ホテルでは、味覚と絶景に癒され、開放的な温泉も楽しみました。

 

次の日は朝食後、ホテル近辺を散策しました。

すぐ隣にはオートキャンプ場や遊具のある芝生広場があります。

自然豊かな環境なので、「ジグモ」や「アリジゴク」を取りました。

川には、アカハライモリがうじゃうじゃいてすごいことになってました。

 

ゆっくりと自然を満喫した後は、帰宅の道につきながら「道の駅」などで買い物をして帰りました。

親も子も存分に楽しめた旅行でした。

恐竜博物館はもちろん、福井の自然や味覚も存分に楽しめた旅でした!
上手くメリハリをつければ、子ども連れ旅行におすすめです!

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-動物園・博物館, 子連れ旅行


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「栗拾い」に宝塚の東元農園へ!【2022年も開園、9月末がベスト】

【2018年度の記事です。2022年も開園しています】 実りの秋!食欲の秋!です。 秋をしっかり感じたくて、子どもと「栗拾い」に出発です!目指すは、宝塚市街からやや北にある西谷地区。 栗ひろいができる …

「神戸どうぶつ王国」の入園料は?できるだけ安くする方法は?

何度でも行きたい「神戸どうぶつ王国」。しかし2018年4月から、入園料が値上がりしています! そこで、できるだけ安く入園できるお得な方法をまとめました。 目次 現在の入園料はいくら?セットプランはある …

コピティアムで朝食を!シンガポールの食費を安くあげる

シンガポールでは、「外食」が当たり前。昼食や夕食はもちろん、朝食まで「100%外食」の家もあるそうです。 市内のあちこちに、「コピティアム」や「ホーカー(ズ)」と呼ばれる場所(日本でいうフードコート) …

初キッザニア甲子園、楽しんだけど大事なこと忘れてた!

こどもが職業体験できるテーマパーク「キッザニア」! 事前勉強、事前準備なしで、二部を楽しんできました。   しかし、帰ってきてから大事なことを忘れてたことに気がつきました。 その体験を報告し …

シンガポール3大動物園、それぞれの所要時間は?1日でまわれる?

シンガポールには観光地として大人気の三大動物園、「シンガポール動物園」「リバーサファリ」「ナイトサファリ」があります。 隣接した場所にあるのですが、すべて入園料、開園時間が別!   そこで、 …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ