2018夏 シンガポール 子連れ旅行

コピティアムで朝食を!シンガポールの食費を安くあげる

投稿日:2018年10月26日 更新日:

シンガポールでは、「外食」が当たり前。昼食や夕食はもちろん、朝食まで「100%外食」の家もあるそうです。

市内のあちこちに、「コピティアム」や「ホーカー(ズ)」と呼ばれる場所(日本でいうフードコート)があります。そこは朝から開いていて、安くておいしい多国籍料理が楽しめます!

私たちはホテルを素泊まりにして、滞在中の1週間、毎日、外食を楽しみました!

 

 

コピティアム(KOPITIAM)ってどんなとこ?

私たちが宿泊したホテルの1階に入っていたのが、「KOPITIAM」でした。

見た感じは、ちょっと雑多とした、大衆食堂のようなフードコート

シンガポール料理、中華料理、タイ料理、マレー料理などのお店が並んでいて、中央にはたくさんのテーブルと椅子が置かれています。

好きなお店で好きな食べ物を買い、テーブルに運んでゆっくり食べることができます。

 

この「コピティアム」という名前、現地の甘いコーヒー「コピ(KOPI)」などの店が集まるところ、という意味があるんだとか。

そのためか、料理だけでなくジュースなど飲み物も充実しています。「コピティアム」という名前のチェーン会社もあるんだとか。

 

このコピティアムの良さは、出来立て量もある料理を安く食べられることです!

注文は、ほぼジェスチャーw。
英語ではないような言葉(?)を話している店員さんに、怪しい英語と指さしで注文します。

その場ですぐに作ってくれて、熱々のチャーハンは5ドル(400円ぐらい)でした。

 

 

ホーカーズやフードコートと何が違うの?

シンガポールには、似たような施設で「ホーカー(ズ)」というものもあります。

このホーカーズは、路上に並んでいた屋台を、清潔な場所に集めたものなのだそうです。国がおこなった政策の1つなんだとか。

そして、その公営の屋台の集合がホーカーズ私設の屋台の集合がコピティアムなんだそうです。

 

こうした場所は、ところによって虫がたくさんいたり、テーブルなどとても汚いところもあって、「衛生的にはどうなの?」と思ってしまいます。

とりあえず、衛生については公的機関の許可が必要だそうで、店頭に「A」「B」などのランクが掲示されていました。4段階評価で、「A」が一番衛生状態が良いということでした。

 

なお、「コピティアム」でも「ホーカーズ」でもなく、「フードコート」という場所もあります。

これはまさに、日本の「フードコート」と同じようなもので、大型ショッピングセンター内にありました。

ただ、こうしたフードコートは綺麗ですが、値段も少々高め(といっても600~800円ぐらい)。”現地感”はあまりありません。

 

 

安心なのはやっぱりデパートのフードコート?! 

滞在中は、朝食にはコピティアム、夕食にはフードコートをよく利用しました。

子連れや女性が安心して利用できるのは、やはり施設もしっかりしたフードコートですね。

それに、シンガポールでは「マリーナ ベイ サンズ」や「高島屋」などといった百貨店系のお店にも、フードコートがあるんです。

 

マリーナ・ベイにある観光地「マリーナ ベイ サンズ」の地下1階にあるフードコートは、「ラサプーラ マスターズ(Rasapura Masters)」という名前でした。

確かに少しお値段は高めですが、現地でも人気があるおしゃれなお店が入っているんだとか。吹き抜けの近くで、とてもきれいです。

 

オーチャード通りにある高島屋の地下の「フード ビレッジ」は、現地の人もいて結構ガチャガチャした感じでした。

中華料理「RedRing Treasures」でワンプレートを頼みましたが、カリッとしたカツがおいしかったです。癖になりそうな味でした。

 

セントーサ島訪問のついでに寄った大型ショッピングセンター「ビボ シティ(Vivo City)」内には、おしゃれな「フード リパブリック」がありました。

店内は屋台の雰囲気が作り込まれていて、楽しめるし、清潔そうでした。芝生や噴水がある中庭に面しているのも、子連れとしては嬉しいですね。

 

ベイフロント地区にある高層のツインタワー「アジア スクエア タワー(Asia Square Tower)」の「フードガーデン」は、とても広くてきれい、かつ洗練されておしゃれな場所でした。

磨き上げられたフロアにおしゃれにお店が並びます。高級感がありすぎて、近寄りがたいぐらい。衛生はしっかりしてそうです。

 

こうしたちょっと安心な店でも、10ドルあればたっぷり食べることができました。

物価が高めなシンガポールですが、これらの施設を利用出来たおかげで、食費はとても安くあげることができました!

シンガポールに行ったら、ぜひ安い外食を楽しんでみてください!

 

 

 

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 子連れ旅行

関連記事

親子でシンガポール7日目 チャンギ国際空港から帰国だよ!

朝からホテルのチェックアウトして、チャンギ国際空港に向かいます。 一週間楽しんだシンガポールも、今日でお別れです。   目次 チャンギ空港駅でイージーリンクカードとお別れ 空港には無料のバタ …

ビールと川

徳島でキャンプ!コットンフィールドで川とビールと温泉と

こどもは、自然あそびが大切!ということで、小6と小3の息子を連れてキャンプに行きました。 今回、車で向かうのは、徳島のコットンフィールドというキャンプ場です。 川で遊び、美味しいクラフトビールを味わい …

夏だ!海水浴だ!鳴き砂で有名な琴引浜で、磯遊びも楽しむ!

今年の夏は、毎日暑い!! 長男のサッカーにつきあうのも、次男のセミ採りにつきあうのもつらい暑さです。 そこで、行きたいのが海水浴!体を少しでも海につけていると、すっと暑さが吹き飛ぶのが不思議ですよね。 …

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。 旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。 そこで、今回のわが家のプ …

不思議な形の魚のタッチング水槽

こどもがよろこぶ琵琶湖博物館!必見の場所はここ!

「大人もこどもも楽しめる」と評判の高い、琵琶湖博物館(通称、びわ博)。 実際に訪問すると、水族館のような水族展示室が楽しい!そして、他にもこどもたちが大喜びの展示がありました。子連れ訪問では、必見の場 …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ