2018夏 シンガポール 海外「旅育」

パークホッパープラス(ParkHopper Plus)でシンガポールの動物園4施設が半額に?!

投稿日:2018年10月24日 更新日:

今回、シンガポールの動物園を訪問するのに、パークホッパー・プラスを使いました。

ネットで購入し、印刷したものを、動物園で見せるだけ。

ナイトサファリやシンガポール動物園などの料金が半額になり、トラム乗車などの特典もつきましたよ!

サファリや動物園の入園料はネット購入で割引に!

シンガポール野生動物保全協会は、4つの動物園を運営しています。

マンダイ地区にある「シンガポール動物園」と「リバーサファリ」、「ナイトサファリ」、そしてジュロン地区にある「ジュロンバードパーク」です。


どの施設も、通常チケットならそれぞれ3000~4000円の入園料がかかります。

でも、インターネットで購入すると割引があるのです!!

購入の仕方を説明します。

まず、協会の公式サイトに行き右上の「Buy Tickets」をクリックします。

すると「おすすめ(Promotion)」「1施設(single)」「複数施設(multi)」の画面が出てきます。

「おすすめ」は、地元住民用なので旅行者には関係ありません。

「1施設」は、上記4施設のどれかの入園チケットです。1施設でもネット購入なら15%割引になります。

「複数施設」は、「パークホッパープラス」「4施設」「2施設」の3つの選択肢が出ます。

「2施設」というのは、上記4つの施設のうちの2施設(例えばナイトサファリとシンガポール動物園など)を訪問したい人向けのチケットです。

選ぶ施設によりますが、最大29%割引になります。

4施設すべて行く人は、「4施設」か「パークホッパープラス」かのどちらかになります。

こちらは、50%割引(なんと半額!)になります。

3歳から12歳はこども料金です。大人と同じようにネットでチケットを購入でき、割引もあります。

マルチチケットの購入方法!パークポッパープラスの特典とは?

「4施設」と「パークホッパープラス」の違いは、トラムなどの別料金が含まれているか?です。

パークホッパープラスの方が、大人も小人も10ドル高い設定となっていますが、以下の料金が含まれます。

パークホッパープラスに含まれる料金
シンガポール動物園のトラム(5ドル)
ジュロンバードパークのトラム(5ドル)
リバーサファリのアマゾンリバークエスト(5ドル)
・動物園のメリーゴーランド1回乗車(5ドル)※こどものみ

アマゾンリバークエストは、身長1.06m以下は乗れません(おそらく、安全バーの関係で)ので、こどもなどは注意が必要です。

また、「ナイトサファリのトラム」や、「リバーサファリのリバークルーズ」は、そもそも入園料に含まれており、別料金を払わなくても乗れるものです。

「これらの料金も含まれています」といった記載があったりしますが、入園した人なら誰でも乗れるものなので気をつけましょう!


別料金なしで乗れる、リバーサファリのリバークルーズ。

なお、わが家はパークポッパープラスを大人1人、小人1人分購入し、以下の料金を支払いました。

わが家の料金 (パークホッパープラスを2018年7月に購入)
大人1人 88ドル
小人1人 68ドル
ネット5%割引(7.8ドル割引)
合計148.2ドル (クレジットカードで12400円支払!)

一人6000円ぐらいで4施設すべてに行けたことになるので、かなりお得感がありました!

有効期限は、使い始めた日から7日間です。

購入時には、最初に「使い始める日」と「ナイトサファリでトラムに乗る日時」を聞かれます。

使い始める日は、旅行で現地に行く日、ナイトサファリは訪問予定日の「7時15分」を選んでおくとよいかと思います。

(7時15分が一番早い時間です。入場制限がある場合、時間にならないと園内に入れません。)

「Add to Cart(カートに追加)」を押すと金額が表示されるので、問題なければ「Checkout(会計)」を押して、名前やメールアドレス、クレジットカードの記載にすすみましょう。

チケット提示で入園も簡単!スタンプでトラムも気兼ねなく乗れる!

ネットでチケットを購入すると、PDFファイルがメール添付で送られてきます。

このPDFファイルは電子チケット(E-ticket)になっていて、それぞれのページに利用者の名前やバーコードが記載されています。

わが家は、2ページ分をA4サイズの紙に印刷して、旅行に持参しました。携帯電話の画面でも良いようです。

実は、海外の窓口でチケットを購入するのは、結構難しいんですよね。

順番に並んでいる間に心構えをしていても、突然「トラムをお付けしますか?」などと聞かれて、頭が真っ白になることもあります。

今回のパークポッパープラスなら、窓口に並ぶことなく直接改札に行き、バーコードを読み取ってもらって「ピッ」で入園することができます。

動物園やバードパークの入口では、その際に腕にトラム乗車のスタンプを押されました。そのスタンプを見せれば、トラムも自由に乗車できます。

シンガポールは暑いし、園内も広いので、トラムはとても便利です。ただ、スタンプが汗で流れ、服に着くのが気になりましたw。

なお、ナイトサファリのトラムは、基本が英語トラムになっているので、わが家はプラス1人10ドルを現地で払って、多言語トラムに変更しました。

インフォメーションで相談したのですが、手続きは簡単でした。

海外サイトはわかりずらいことも多く、日本語サイトやツアーに頼みがちです。

でも、パークホッパープラスはお得で激安なので、ぜひ購入にトライして、4園を訪問してみてくださいね!

移動にイージー・リンク・カードを使うと、シンガポールの旅行がますますお得になります。

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 海外「旅育」

関連記事

今年の「旅育」はシンガポール1週間にした!

地震や大雨などのストレスからか、体調の悪い夏の始まりとなっています。 しかし、これでは「自由なママの名が廃る!」(?)と、今年も子どもとともに海外旅行に行くことにしました! 今年の目的地は、シンガポー …

コピティアムで朝食を!シンガポールの食費を安くあげる

シンガポールでは、「外食」が当たり前。昼食や夕食はもちろん、朝食まで「100%外食」の家もあるそうです。 市内のあちこちに、「コピティアム」や「ホーカー(ズ)」と呼ばれる場所(日本でいうフードコート) …

親子でシンガポール7日目 チャンギ国際空港から帰国だよ!

朝からホテルのチェックアウトして、チャンギ国際空港に向かいます。 一週間楽しんだシンガポールも、今日でお別れです。   目次 チャンギ空港駅でイージーリンクカードとお別れ 空港には無料のバタ …

パスポートのサイン申請

【旅育】こどものパスポートのとり方

こどもと海外旅行に行くためには、パスポートを取る必要がありますが、子どものパスポート、意外にめんどうなんですよね。 そこで、こどものパスポートの取り方について、実体験や友人たちの情報をもとにまとめまし …

親子でシンガポール6日目 シンガポールの観光地めぐり

今日は、シンガポールで遊べる最後の日。 しかし、まだマーライオンを見ていないし、ホテルのプールでも遊んでいない! ということで、遠出をせず観光地を巡ることにしました。   目次 どこにいるの …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。そして、なんやかんやで起業することに!

息子たちは、小4と小1になり、毎日楽しそう!

教育方針は、人生は学び!学びは楽しい!でいく予定。

プロフィール

アーカイブ