子連れ旅行 関西アウトドア

西宮名塩の塩瀬中央公園は山の斜面にある広い公園!

投稿日:

西宮名塩の公園に行ってきました!

塩瀬中央公園は、急な山の斜面を利用した、眺望のよい広い公園でした。

凧揚げやボール遊びができそうなグラウンド、どんぐりいっぱいの散策路、ローラコースターがある冒険広場などがありました!

 

 

不思議な雰囲気の公園は眺望良いけど斜面がすごい!

塩瀬中央公園は、兵庫県西宮市の北の端の名塩地区、宝塚市街から西に山を入ったところにあります。

高速から見える不思議な光景(斜行エレベーターとニュータウンだった!)を見学しがてら、訪問しました。

 

公園の広さは22万平方メートルと広く、南面の山の斜面にあるので高低差もすごいです。

駐車場は無料
しかし、場所は公園の一番北、つまり斜面の頂上部分にあるので、公園の南にある冒険広場などに行きたい時は要注意!

距離もさることながら高低差もあるので、小さなお子様連れだとかなり長い距離を下ることになります。

 

公園は、斜面上(写真右手)から、駐車場、体育館と多目的グラウンド、ガーデン、テラス、テニスコートと円形広場、自然散策路(個々の斜面が急です)、冒険広場となります。

公園への出入口は、東西何ヶ所かにありました。

 

自然散策路は公園内なのに山の中!

わが家は、JR電車で西宮名塩駅に行き、斜行エレベーターで山の頂上に行ってから、道路を降りながら西側に移動する感じで、公園に入りました。

公園に入った場所は山の中腹だったので、再度、公園を見学しがてら公園の頂上部分に向かいます。

 

キャッチボールをする親子、凧揚げをする親子がいました。

ナシオンテラスの水場には、小さな魚がたくさん泳いでいました。
誰かが、石をつなげて遊んだらしく、石を渡って池を移動したりして遊びます。

頂上の多目的グラウンドでは、野球少年たちが野球をしていました。

 

ナシオンガーデンという斜面には、さまざまな植物が植えられていました。その横を通って、斜面をくだります。

テニスコートの西から、自然散策路が始まっていたので、そこを通って冒険広場に向かうことにしました。

自然散策路は、広葉樹がたくさんあり、どんぐりもたくさん落ちていました。

木漏れ日の中、川の音を聞きながら、山を下りて行きます。

 

こどもたちは、ポケットに入れたどんぐりを”爆弾”にして、投げ合って遊んでいます。

途中の竹林では、竹に当てて「コーン」といういい音をたてて喜んでいました。

 

谷底の冒険広場へは駐車場からは遠いので注意!

自然散策路で山を降り切ったところに、冒険広場はありました。

公園の一番南、谷底の森に囲まれた暗い場所です。

ニュータウンからは少し離れますが、173号線に近く、西宮市立北部図書館が近いようです。

 

冒険広場には、ローラコースターが3台分組み合わさった遊具がありました。

お尻の下に敷くボードも用意されています。コースターは結構カーブがきつくて、それなりにスピードが出て楽しそうです。

 

コースは斜面をぐるぐるしていて保護者が側についておくのが難しい構造です。

少し大きめの子供向けかな?

わが家の息子たちは、何度も滑って結構楽しかったみたいです。

 

 

目次にもどる

 

アドセンス




アドセンス




-子連れ旅行, 関西アウトドア

関連記事

栗ひろいの栗を熟成させたら劇的に甘くなった!

栗ひろいに行って、拾ってきた栗。 「すぐに食べるより、低温で1ヶ月半ほど熟成させる方が甘くなる」と聞いて、熟成させることにしました。   冷蔵庫での熟成は、なかなか難しかったけど、熟成後に食 …

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。 旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。 そこで、今回のわが家のプ …

親子でシンガポール6日目 シンガポールの観光地めぐり

今日は、シンガポールで遊べる最後の日。 しかし、まだマーライオンを見ていないし、ホテルのプールでも遊んでいない! ということで、遠出をせず観光地を巡ることにしました。   目次 どこにいるの …

福知山市の児童科学館は、靴を脱いで走りまわる!

福知山市の児童科学館は、三段池公園内にあります。 キャンプ2日目、こどもたちが「行きたい~!」と言うので、訪問してきました。 目次 入館は体育館から、渡り廊下をとおる 力のダイナミックタワーでボール移 …

シンガポールのリバーサファリを「旅育」で楽しむ方法

「旅育」での海外旅行は、日本人がイメージする「旅行」スタイルとはかなり違います。 いったいどこが違うのか? シンガポールのリバーサファリを例に、「旅育」としてこどもと訪問した時の楽しみ方についてまとめ …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。現在は、年長と小3とになる息子を育てながら、起業準備中の理系ママです。

動物園や博物館をめぐるのが好き。こどもをアウトドアや海外旅行に連れ出し、生きぬく力を養おうと試み中?!
プロフィール

アーカイブ