育児のコツ

朝のこどもとの別れ方「あくしゅで、バイバイば〜い」

投稿日:2016年10月20日 更新日:

毎日の朝の保育園。

 ついつい、バタバタしてしまい「はやく!」なんて言えば、その後、こどもはぐずり始め、悲惨なことに…。

結局、余計に時間がかかる。

 

だから、いつも子供たちの気持ちを前に前に向けるよう声かけします。

「今日はお外寒いかな?」とか。
「よし、いそぐぞ!」とか。

 

そこで、一番重要なのは、「子供の前に出ない」こと。

こどもたちが前を走り、「ちょっと待って〜。みんなはやいなぁ。」なんてついてくぐらいが、ちょうどいい。

これだと、息子たちは、「ママ遅いよ〜」なんて言ってさっさと動いてくれる。

 

これが間違えて先に行こうものなら、「待って!」「嫌だ〜」なんてことになってしまう。

これは、大失敗。

 

そして、保育園についての最期の別れ。
片手を出し、こどもと手を繋ぎ「あくしゅで、バイバイば〜い」。

一緒に歌って「じゃあね〜」と手を離しサクッと別れる。

 

 

この別れ方、なかなかいさぎよくって後に響かない。
おすすめです。

アドセンス




アドセンス




-育児のコツ

関連記事

机に向かって勉強する写真

小2で偏差値30だった長男の小5の成績は?

長男も小学5年生になりました。あいかわらず塾などには行かせず、「子どもは遊びが仕事!」を実行中です。 小2で受けた塾のテストでは、偏差値30前後をとっていた長男ですが、普段の学校の成績が気になる人も多 …

漢字を自習、いろいろ間違ってる

成績に差が出る小学校3年生!わが家は塾に行かせない

先日、小学校3年の長男の授業参観でした。 算数の授業だったのですが、明らかに授業についていけない生徒が何人か出てきているのがわかりました。 成績に差が出はじめる時期に入ってきたんですね。そして、今後危 …

育児忍法「喜車の術」と「哀車の術」でやる気満々

「楽車の術」は、羨ましがらせて戦意を喪失させます。イヤイヤ坊やには、なかなか使える術でした 「喜車の術」と「哀車の術」も、育児に使えます。 「喜車の術」とは、相手をおだてたりして喜ばせ、いい気にさせて …

新聞紙イメージ

低学年で国語力を鍛える!毎日の音読は小学生新聞

小学生になると毎日、教科書の音読が宿題として出されます。 でも毎日同じ文章を音読するのは、子どもも聞く親も苦痛。そこで、わが家は小学生新聞を利用しています。 新聞を取る家も少なくなっているようですが、 …

百人一首の用意小学生用

百人一首の覚え方、これで小学生は爆速で半分とれる!

正月あけに小学校で開催される百人一首大会。小学5年生になると、成績にも影響してきます。 何度もやれば知らず知らずのうちに覚えていくものですが、言葉がちんぷんかんぷんで、覚えづらくてもどかしいのも事実。 …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ