2016夏 シカゴ 動物園・博物館

シカゴ2日目 フィールド博物館の「スー」は恐竜好き必見!

投稿日:2016年12月8日 更新日:

さて、シカゴ2日目の朝。

移動疲れか体がだるいなぁ、とホテルで朝食を食べながらふと窓の外を見ると、土砂降り~。
すっかり出発する気がなくなります。

 

雨でも楽しめる場所といえば、やはり大きな建物の中!ということで、フィールド博物館に行くことに決定!

気合を入れてホテル近くのバス停に行き、バスで博物館に向かっているうちに、雨が上がりました!

 

フィールド博物館は入り口だけでも見る価値あり!

フィールド博物館へは、市内からバスで数分で到着です。

デデン、と構える重々しい建物には、公開中の展示や映像のカラフルな横断幕がかかっています。

■The Field Museum
20160820フィールド博物館_03

長男のお目当ては、有名な恐竜のスーと3D映像(←やはり映像マニア)です。
私のお目当ては、とてつもなく充実していると噂に聞く動物の剥製コレクションです。

 

建物に入るとすぐ目の前には、こちらの吹き抜けホールが広がります。
なんて広いの!
これだけでも、見る価値あります。

■Stanley Field Hall
20160820フィールド博物館_42

この写真は、2階の奥から1階の玄関側を見たところ。

一番遠くの玄関部分に、人がたくさんいるのが見えます(遠いっ!)。
そしてその手前が、博物館開館時から展示されているというアフリカゾウ、そして前にティラノサウルス「スー」の全身骨格です。

 

その他の展示は、このホール左右の奥に向かって広がっているのですが、これまた結構広い!

地下、1階、2階の3フロアにわかれていて、全部をしっかり見て回ろうと思うと、1日では足りません

 

やっぱりティラノサウルスのスーはすごい!

「スー」は、恐竜図鑑などにも出てくる、世界的にも有名なものです。
何がすごいって、「90%以上が本当に発掘された骨格!」であること!

多くの発掘した骨は一部なので、他の部分はレプリカで補うわけですが、スーについては、ほとんどの部分が本物ということ!

 

博物館にある劇場で、3D映像「Working the T. Rex: the story of SUE(歩くティラノサウルス「スー」の物語)」を見ましたが、これも面白かった!

発掘された時の様子や、発掘現場から博物館に移動させる様子は、私でもワクワクしました。

また、化石から想像されるスーの人生の映像が面白い!
卵から孵化し、羽毛のはえたスーがだんだん大人になっていく様子が、とってもキュートでした。

長男は、捕食時の反撃で大腿部を噛まれたシーンなどが面白かったそうです。
実際に、スーの化石の大腿部には、大きなケガの跡が見つかっているそうで、「大怪我を負ったけど、それで死亡したっわけではない」ということもわかっているそうです。

 

2階の奥には、「More on SUE(スーについてもっと詳しく)」という展示があって、頭骨が置いてありました。

■More on SUE
20160820フィールド博物館_49

実は、1階の全身骨格は頭骨部分だけレプリカなんだって。本物は、こちら。
1階で展示するには重すぎるそうです。

 

こちらには、ティラノサウルスであぶみ骨(stapes)が初めて発見されたやらなんやらと、マニアックな情報がいっぱいありました。

私には専門的すぎてわからなかったけど、そのうち息子が解説してくれるようになるかしら?なんて期待して、今回はその場を離れました。

こことは別の「恐竜ホール」というところにも、たくさんの骨格標本などが並んでました。ちょっと暗くてうまく写真が取れなかったけど、規模も大きくて壮観でした。

長男、大満足!

 

子どもが遊べる展示も充実していたよ

私が見たかった、動物の展示も見てきました。

部屋から部屋へと、たっぷり&しっかりありました。歩けど歩けど剥製。それに、内容の充実度もすごい。

 

このキリンの群れ飼育の混合展示なんて、動物園より大きいかも。キリンが展示でシマウマと一緒に群れ飼育されてる~。

■Mammals of Africa
20160820フィールド博物館_82

 

たくさんの展示があったけど、長男が喜んだのはやはり「こどもコーナー」でした。

■Crown family PalyLab
20160820フィールド博物館_29

触ると動く機械など、仕込がいっぱいで、テンションあがってます。

ボタンを押し、引出しをあけ、楽器を奏で、次の展示に走る!と、めまぐるしく動きまくる長男。
私も長男の後を追いながら、「イリノイ州の自然」やら「世界の楽器」やら、ふむふむとお勉強。

 

そして、ここに落ち着きました。恐竜の発掘体験です。

20160820フィールド博物館_35

ハケなどの道具を使い、真剣に発掘しています。
爪や歯、骨など、何が出てくるかわからない。机に置かれた表と見比べ、何かをあてます。

 

結局、開園から2時過ぎまで滞在しました。

まだ見ていない展示もあったけど、館内を見て、歩いて、心も体もともに容量オーバー。とりあえず、見たかった展示はすべて見れたので満足です。

 

この後、市内に戻り、知り合いと合流して地ビールを楽しみました。

 

 博物館っていうと、静かにしなきゃいけないようで、子ども連れはどうかな?と思うかもしれません。しかし、この博物館は、やんちゃな子でも満喫できます!
 恐竜好きな子には、特におすすめです。すべて室内なので、雨の時の観光にも良いと思います。

 こどもにおすすめ度 ★★★★★ でした! 

 

アドセンス




アドセンス




-2016夏 シカゴ, 動物園・博物館

関連記事

不思議な形の魚のタッチング水槽

こどもがよろこぶ琵琶湖博物館!必見の場所はここ!

「大人もこどもも楽しめる」と評判の高い、琵琶湖博物館(通称、びわ博)。 実際に訪問すると、水族館のような水族展示室が楽しい!そして、他にもこどもたちが大喜びの展示がありました。子連れ訪問では、必見の場 …

初キッザニア甲子園、楽しんだけど大事なこと忘れてた!

こどもが職業体験できるテーマパーク「キッザニア」! 事前勉強、事前準備なしで、二部を楽しんできました。   しかし、帰ってきてから大事なことを忘れてたことに気がつきました。 その体験を報告し …

シカゴ メトラとアムトラックと車

やっぱり、海外旅行は安くあげたいもの。そうすると、移動手段は「歩き」、もしくは「公共交通機関」になります。 シカゴの旅でも、たくさんの公共交通機関を使いました。ちょっと違う町で、ちょっと違った乗り物に …

シカゴ 6歳の子どもに安全な場所か?

 子どもを連れての、初めての海外旅行でした。滞在したシカゴについて、良かった面、悪かった面などを振り返りたいと思います。 ▼治安面 シカゴはアメリカの第3の都市です。 大都市なので、大都市なりに便利な …

シカゴ10日目 いざ!ミルウォーキー動物園へ

ミルウォーキーは、シカゴからアムトラックで北に1時間半のウィスコンシン州にある町です。 ミルウォーキー動物園(Milwaukee County Zoo)は、駅から西へバスで40分ほど行ったところにあり …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。そして、なんやかんやで起業することに!

息子たちは、小4と小1になり、毎日楽しそう!

教育方針は、人生は学び!学びは楽しい!でいく予定。

プロフィール

アーカイブ