2016夏 シカゴ 動物園・博物館

シカゴ7日目 でかい!科学産業博物館

投稿日:2016年12月16日 更新日:

シカゴの科学産業博物館は、年間入館者140万人の観光スポットだそうです。

地味な名前から渋い展示を想像していたのですが、実際に訪問して、大間違いだったことに気がつきました!

建物の規模は大きく、大人も子どもも興奮するような展示がいっぱい!
丸1日楽しまなければもったいない施設でしたよ。

 

ハイドパークと呼ばれる地区にある巨大施設

科学産業博物館は、シカゴ市内から南に行った「ハイドパーク」と呼ばれる地区にあります。

1893年にシカゴ万博が開催された場所で、博物館も当時の建物を利用しているとか。

 

市街地から少し離れていますが、CTAバス6番に乗ると、ハイドパークまで一気に走り抜けてくれます。

わが家はCTAパスを使って、ちょっとした観光気分で博物館前に到着しました。

 

建物手前の扉をくぐり、地下2階に降ります。

■Museum of Science & Industry
20160819シカゴ1日目_15

右手に受付、左手にギフトショップがありました。

この写真の後方には、パイオニア・ゼファー号があります。アメリカ大陸を走っていたステンレスの美しい車両です。
このフロアは、チケットを買って入館しなくても見ることができます。

 

受付でチケットを購入したら、正面奥に見えるエスカレーターで1階まで上がります。

 

飛行機に竜巻に、Uボート、すべて本物、巨大すぎる!

エスカレーターで1階に上がると、吹き抜けの広い空間があり、左手にあるのが「交通ギャラリー」。

■Transportation Gallery
20160825科学産業博物館_003

蒸気機関車の向こうには、シカゴの巨大なジオラマ。天井からは、ボーイング727昔の戦闘機、航空機などが吊りさがっています!

ほんと、規模が半端ない!

 

ジオラマには、シカゴの街並みやシアトルまでの鉄道輸送が再現されていて、ミニチュア鉄道が走っていました。

そして、ふと上を見ると、ユナイテッドの旅客機が車輪を収納中
真下で間近に見ることができました!

 

1階右手は、竜巻や稲妻、津波などを再現した「科学の嵐」です。

■Science Storm
20160825科学産業博物館_061

天井まで届く竜巻には、人が入って邪魔もできます。
熱気球をあげたり、を発生させたり、雪崩を起こしたりもできます。

いろんなハイテクも駆使されていて、長男は、津波の高さなどを設定・記録し、波の様子を再生するのに、ボタンを押しまくって楽しんでいました。

 

別館にはUボートの展示もありました。

Uボートって潜水艦?あまり興味ないかも〜、と思っていた私ですが、本物がドーンと展示されていて思わず感動。

■U-505 Submarine
20160825科学産業博物館_022

1944年に米国海軍に拿捕され、1954年に川や湖を使ってここまで持ってきたそうです。

Uボートが爆破した船の数や、艦内での生活の様子、当時の潜水艦の性能と限界、捕らわれた肉声など、いろいろ勉強になりました。

長男が気に入ったのは、「潜望鏡」。覗いて、いろいろ見まくってました。

体験が多く、こどもも満喫!理科や社会に強くなりそう

受付で11時からオムニマックスの「Great White Shark」を予約したので、シアターに向かいましたが、と・・・遠かった!

建物の規模をなめてはいけません!

■Omnimax Theater
20160825科学産業博物館_011

やっと着いたシアター前。
映写室がガラス張りで、おしゃれでした(おじさん掃除中だったけど)。

オムニマックスは、半球状のスクリーンに映像が映るシステムです。
シアター内の席についてからは、オムニマックスの説明。

スクリーン背後にある72個のスピーカーを透けて見せたりと、なかなかかっこいい!

しかし、映像の内容は真面目すぎでした。
「自然保護の学会の基調講演か?」って心の中で突っ込みながら、あくびを噛み殺す私。

一方、映像は真面目に見る長男。シェッド水族館の「ホホジロザメにガブリ」って感じのこどもが喜ぶ映像とは、まったく違うのになぁ~。

 

「アイデア工場」には、赤ちゃんコーナー(3歳まで)とキッズゾーンがあります。
水や風、ボールや積み木などで遊べるようになっています。

■Idea Factory
20160825科学産業博物館_079

長男、荷物を置き、水を飛ばしたり、ペダルを漕いだりと、一通りすべてを体験しまくります。

そして最終的には、青い瞳の男の子と気があったのか、協力しあって流れてきたボールを集め、エアシューターに入れる作業をしていました。

 

他にもたくさんの展示がありました。

アポロの展示も良かったし、ひよこの孵化、おもちゃ工場、人体のスライス、なども興味深かった。
期間展示のレゴ「Brick by Brick」では、老若男女のマニアがブロックの作成に集中してました。
子どもにおすすめは、「Farm Tech」や 「A Mirror Maze」、「Idea factory」かな。

 

実は、シカゴ到着日にこの博物館を訪問したのですが、チケット売り場のお兄さんに「今から入るともったいないから、別の日に朝からおいで!」とアドバイスされました。

この日は、アドバイスに従い朝から入館して、結局、閉館時間近くまで滞在しました(9:00-16:00)。

じっくり見れて大満足です。チケット売り場のお兄さん、ありがとう!

 

 広くて大きいうえ、「実物」や「体験」が重視されていて、親も子も満足できる博物館でした。1日満喫しないと、もったいないです!
 場所を考えずに館内を歩くと、歩くだけで疲れてしまうので、見落とせない場所は、最初に位置を確認することをお勧めします。

 こどもにおすすめ度 ★★★★★ (満点!)でした! 

アドセンス




アドセンス




-2016夏 シカゴ, 動物園・博物館

関連記事

シカゴ1日目 直行便でシカゴへ、ミレニアムパークで遊ぶ

朝ちょっと早めに起き、空港に向かって家を出発!いよいよシカゴに向かって移動です。 目次 まずは成田空港のプレイゾーンで遊ばせる シカゴに到着!公園へ遊びに行く もちろん、ミレニアムパークの”ビーン”も …

雨の日の穴場スポット?灘浜サイエンススクエアで遊ぶ

 雨の日に、「男の子が喜んで」「運動もできて」「勉強になって」「お金がかからない」場所に行きたい!ということで、灘浜サイエンススクエアに行ってきました。 お昼を食べてから行って、閉館まで楽しみました。 …

ナイトサファリはコンセプト勝ちで大人気の動物園!

ナイトサファリは、夜にだけオープンする世界初の動物園です。 シンガポールでも人気の観光地で、日本からのツアー客もたくさんいました。   目次 熱帯性哺乳類の夜の生態を見せる動物園なのだ! ト …

シカゴ リンカーンパーク動物園は無料!

リンカーンパークは、シカゴ市街地の北の端、ミシガン湖沿いに位置する公園です。 ここにある動物園は、充実しているのに、入園料はなんと無料です!! ■Lincoln Park Zoo 動物園内南側にある池 …

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。 旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。 そこで、今回のわが家のプ …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ