動物園・博物館 関西アウトドア

雨の日の穴場スポット?灘浜サイエンススクエアで遊ぶ

投稿日:2018年4月26日 更新日:

 雨の日に、「男の子が喜んで」「運動もできて」「勉強になって」「お金がかからない」場所に行きたい!ということで、灘浜サイエンススクエアに行ってきました。

お昼を食べてから行って、閉館まで楽しみました。

理系なわが家には、結構楽しめる施設でしたよ!

 

車で便利、駐車場は無料!入館料も無料!

灘浜サイエンススクエアは、六甲アイランドとポートアイランドの間、阪神「大石」駅から海側に向かって12分ほど歩いた埋立地にあります。

神戸製鋼が「製鉄・発電。エネルギー・環境」をテーマに、2004年に設立した地域交流施設とか。

9時半から16時半で、月曜日がお休みです。

 

わが家は車で出発し、サザンモール六甲でランチを食べてから行きました。

ナビに従って入口を入ると、警備員さんが駐車する場所に誘導してくれました。なんと駐車場は無料です!

左手丘の上の建物が、灘浜サイエンススクエアです。

工場地帯なので、工場や車の音がうるさい場所ですが、駐車場から入ると少し緑が豊かで、こどもたちは走り出します!

 

触れて、考えて、動いて楽しむ!

施設はあまり大きくはありません。ワンフロアで見渡せる程度でした。

4すみがそれぞれのテーマにわかれていて、模型や触って学べる装置が置いてあります。

このように書くと、何が楽しいのかわかりませんが、1つ1つの装置がなかなか質の高いものばかりで、大人でもおもしろい!

 

例えば、「ゴロゴロドラム」は、ネズミの回し車のヒト版みたいな感じです。

うまく回るとまわりすぎて、上から落下する、と危険極まりないのですが、男の子はこれがおもしろい。

同年代の男の子たちとギャハギャハと楽しんでいました。

 

網のジャングルジム「ワンダーキューブ」も、大人気でした。

この青い立体迷路を2階に登って行きます。

大人が入るには小さくて苦労するサイズですし、「身長110㎝未満おことわり」となっています。

その微妙な難しさが、男の子たちにはたまらないようです。

 

ちいさなビオトープもよくできてる!

この施設には、学芸員のような方がいて、実験講座や講演会などのイベントがおこなわれています。

装置も質良く保たれているのは、こうした方々がいるためかもしれません。

 

2階にはビオトープがありました。

1階で動きすぎで汗もかいたし、雨もあがったようなので、ビオトープ観察をはじめました。

手前の池に向かって右手に小さな川が流れているのですが、虫がたくさんいて、こどもたち大興奮でした。

オタマジャクシ、エビ、ヤゴ、アメンボ、小魚などを触って楽しんでいました。

 

施設内での飲食には気をつけて!

この施設、1階の展示の部分は飲食禁止です。自動販売機はありますが、飲み物を飲んでいい場所は限定されています。

売店もないし、基本食べることができないので、基本、滞在は半日になりそうです。

 

 

この施設は、小学校高学年を対象に作っているそうですが、4歳と7歳の子どもたちもじゅうぶん楽しみました!
室内なのに適度に体を動かすことができるので、雨の日などの半日利用もおすすめ!

こどもにおすすめ★★★★でした。

 

雨の日に遊びに行くには、ATCあそびマーレもいいよ。

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-動物園・博物館, 関西アウトドア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長安寺公園キャンプ場 その1 福知山の激安!あな場キャンプ場!

雨予報だった週末が、ぎりぎり曇りになりそうなので、急遽、キャンプに出発です! こんな時目指すのは、当日予約でも大丈夫と思われる京都の福知山です!   目次 突然キャンプに行きたくなったら福知山へ! も …

「神戸どうぶつ王国」のイベント有料?無料?できるだけ安く楽しむ方法

何度も行きたい神戸どうぶつ王国。 しかし入園料も高いし、中に入ってからも、もろもろ費用がかかる! 有料エリアに入り、餌をあげ、動物に乗り、一緒に写真を撮る、なんてしていると、あっという間にお財布がすっ …

初キッザニア甲子園!準備は必要?大人がすることは?

「キッザニア」とは、こどもが職業体験できるテーマパークです! ちょっと興味があったけど、どんなところかわからず、今まで行ったことがありませんでした。   今回、割引券が手に入ったので、とりあ …

シンガポールのリバーサファリを「旅育」で楽しむ方法

「旅育」での海外旅行は、日本人がイメージする「旅行」スタイルとはかなり違います。 いったいどこが違うのか? シンガポールのリバーサファリを例に、「旅育」としてこどもと訪問した時の楽しみ方についてまとめ …

武田尾で廃線ハイキング!暗闇トンネルが面白い!

スポーツの秋!ということで、7歳と3歳の息子を連れて、ハイキングに行ってきました。   行先は、宝塚駅のちょっと先にある「武田尾」です。JRの鉄道が通っていた跡が、ハイキングコースになってい …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。そして、なんやかんやで起業することに!

息子たちは、小4と小1になり、毎日楽しそう!

教育方針は、人生は学び!学びは楽しい!でいく予定。

プロフィール

アーカイブ