2018夏 シンガポール 子連れ旅行

シー・アクアリウムはセントーサ島にある水族館

投稿日:2018年9月15日 更新日:

セントーサ島に渡ってすぐの場所にあるのが、「シー・アクアリウム(S.E.A. Aquarium)」という水族館です。

2012年に開園した「世界最大級の海洋水族館」ということで、見てきましたよ!

 

 

工事中で裏口から入る?料金はお高め

シー・アクアリウムは、モノレールでセントーサ島に渡ってすぐ右手にある、赤い屋根の建物です。

わが家は、ボードウォークを歩いて渡り、セントーサ島に入りました(その日の報告はこちら)。

 

水族館の入り口に着いたかと思いきや、2017年4月からの改修工事でここからは入れないということで、ぐるりと回った裏口からの入館でした

看板こそ出ていますが、扉が搬入口っぽい構造です。

入館料は、大人39ドル小人(4~12歳)29ドルつまり3000円前後とそれなりのお値段。

わが家は、セントーサ・ファン・パスを購入しての入館です(詳細は後日報告します)。

 

エスカレーターを降りて、暗い空間を抜けていきます。

 

目玉はやっぱり巨大水槽オープン・オーシャン!

まず現れたのは、難破船が横たわる水槽です。

大小さまざまな魚が泳いでいました。この水槽のトンネルを抜ける形で、次の水槽に向かいます。

 

「コーラル・ガーデン」というサンゴ礁が真ん中にある大型の円形水槽がありました。

熱帯魚などがきれいです。

クラゲタツノオトシゴの展示もありました。

 

この水族館一番の目玉は、一番奥に位置する「オープン・オーシャン」という巨大水槽です。

幅36m、高さ8.3mで総水量1800万リットルもあるそう。

これは、日本最大の美ら海水族館のジンベイザメがいる大水槽よりも大きいのだとか。

 

この水槽の主役は、「マンタ」です!

全長8mにもなる体で悠々と泳ぐ姿は、見ていても壮観です!

来館者側は、広い階段状になっていて絨毯も敷かれているので、座り込んでゆっくり水槽を眺める人がたくさんいました。

 

この水槽の違う側面には、宿泊施設があるそうです。

その「オーシャン・スイート」という部屋に泊まれば、お風呂やベッドから水槽が見えるのだとか。

 

訪問時には、映像好きの息子と「オープンオーシャン、お風呂の父ちゃん!」と言っていましたが(映画「ファインディング・ドリー」のネタです!)、本当にお風呂の父ちゃんが見えるのかもしれませんw!

(ホテル室内の方が照明を暗く設定しているので、大丈夫とのことでした)

 

タッチングプールとサメがおもしろかったみたい

オープン・オーシャンを下から眺めるオーシャン・ドームというおしゃれな空間もありました。

オープン・オーシャンを眺めながら食事できるレストランもありましたが、私たちが着いた時にはちょうど昼の営業時間が終わった所でした。

 

簡単なタッチングプールもありました。

スタッフの指示に従って、ヒトデやナマコに触ることができます。

触ってもよいヒトデは岩の上に置かれ、休憩させるヒトデはスタッフ側の壁に並べてくっつけられていましたw。

 

長男は、たくさんの種類のサメが見えるトンネル水槽がおもしろかったようです。

帰国後、夏休みの宿題に、シュモクザメの水槽を描いた絵を提出していました。

さまざまな魚類を集め、綺麗に展示された水族館でした。

しかし、特にこれといった特徴があるわけでもなく、「観光地の水族館」という感じでした。

 

滞在はゆっくりしても2時間ほどでしたが、涼むにはとても心地よい空間でした。

 

シンガポールの水族館は、リバーサファリもお勧めですよ。

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 子連れ旅行

関連記事

斜行エレベーターが気になる西宮名塩に行ってみた!

高速から見える、山頂の近未来的なマンション群と、そこに伸びるガラス張りの長い建物。 前々から珍百景的でかなり気になっていました。 最近、「その近くに広い公園がある」と聞いたので、この風景を見学しがてら …

シンガポール動物園はここがすごい!みどころをまとめてみた

シンガポール動物園は、地元住民にはもちろん、観光客にも大人気の動物園です。   日本の動物園と何が違うのかは、実際にゆっくり訪問してみるとわかります。 そこで、実際に丸1日訪問してわかった、 …

「栗拾い」に宝塚の東元農園へ!【2019年度情報追加!】

【2018年度の記事に、2019年度の情報を追加しました!】 実りの秋!食欲の秋!です。 秋をしっかり感じたくて、子どもと「栗拾い」に出発です!目指すは、宝塚市街からやや北にある西谷地区。 栗ひろいが …

いも掘りは、神戸の正直農園で!無農薬の芋をゲット!

味覚の秋! いも掘りをしたくて、友人家族とともに神戸西区の正直農園いもほり園に行ってきました! 無農薬の立派な「紅あずま」をいっぱいとることができましたよ!   目次 今年は芋が不作だって?!芋掘りが …

不思議な形の魚のタッチング水槽

こどもがよろこぶ琵琶湖博物館!必見の場所はここ!

「大人もこどもも楽しめる」と評判の高い、琵琶湖博物館(通称、びわ博)。 実際に訪問すると、水族館のような水族展示室が楽しい!そして、他にもこどもたちが大喜びの展示がありました。子連れ訪問では、必見の場 …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。現在は、年長と小3とになる息子を育てながら、起業準備中の理系ママです。

動物園や博物館をめぐるのが好き。こどもをアウトドアや海外旅行に連れ出し、生きぬく力を養おうと試み中?!
プロフィール

アーカイブ