2018夏 シンガポール 動物園・博物館 子連れ旅行

シンガポール動物園はここがすごい!みどころをまとめてみた

投稿日:2018年10月5日 更新日:

シンガポール動物園は、地元住民にはもちろん、観光客にも大人気の動物園です。

 

日本の動物園と何が違うのかは、実際にゆっくり訪問してみるとわかります。

そこで、実際に丸1日訪問してわかった、すごい点や見どころについてまとめてみました!

ぜひ、動物園に行く時の参考にしてください!

 

 

熱帯の自然保護区の中というすごさ!園内には野生動物も!

シンガポール動物園があるのは、市街から車で北へ30分ほど行った自然保護区の中です。

アッパーセレター貯水池に面した場所で、28haの広さ(上野動物園の2倍ほど)があります。

 

動物園が開園したのは1973年で、1994年にナイトサファリが、2014年にリバーサファリが、隣り合う位置に開園しました。

それぞれの施設の詳細はこちら。

 

これらの動物園はそれぞれテーマを持っており、この自然保護区の窓のような役割を果たしています。

 

運営は、ワイルドライフ・リザーブス・シンガポール(WRS)で、国のサポートを受けて自然保護活動をおこなっている団体です。

そんな背景の動物園なので、見どころの1つ目は「園内の自然!」です。

 

例えば、動物園入ってすぐにある「ツリートップス・トレイル」は、自然林の間に作られたボードウォークから動物たちを見ることができます。

デッキ通路のはるか下、水の中には、ガビアルモドキがいました。

森の中にはテナガザルがいるそうですが、そびえ立つ大きく複雑な自然林のどこにいるのかわかりません!

自然の豊かさと壮大さを感じます。

 

なお、「園路にサルがいる!」と思ったら、野生のカニクイザルでした。

まわりの自然保護区から動物園に、動物たちが入ってくるようです。

 

 

オープン・システムの展示!樹上のオランウータンは必見!

シンガポール動物園の見どころの2つ目は、その展示手法です。

自然の森を利用し、柵や檻を設けない展示手法で「オープン・システム」と呼ばれています。

 

動物と来園者の間は、堀や水、塀、植物などで仕切られています。

そのため、園内を歩いていても、無機質さや圧迫感がありません

ホワイトタイガーとの間は、水堀で仕切られていました。

緑豊かな飼育環境は、動物園と思えないほどです。

 

園内を歩いていると、はるか樹上にオランウータンがいました!

ここです!ここ!

オランウータンの展示場は、別の場所にあるのですが、そこからロープが園内の木の高い部分に渡されており、オランウータンはそこを利用して自由に移動できるようになっているのです。

頭上のオランウータンにまったく気がついていない来園者もたくさんいました。

 

大きな体なのに、はるか高い場所をひょいひょいと渡っていくオランウータンの姿は必見です!

シンガポール動物園では、頭上をチェックしましょう!

 

子どもも大人も楽しませる工夫がいっぱい!1日では見きれない!

園内ではショー餌やりなどのイベントが、さまざまな場所でおこなわれています。

また、一番奥にはこども向けのキッズコーナーがあり、水遊びもできちゃいます。

園内は、トラムが頻繁に走り(乗車5ドル)、さまざまなオブジェやゆっくり座れる空間が用意されています。

 

この、万人を楽しませる工夫が、見どころの3つ目です!

 

ゾウのショーは、「エレファント・アット・ワーク・プレイ・ショー」と言います。

ショーというと「動物に芸をさせる」というイメージですが、これはゾウの仕事と遊びを見せます、という感じのようです。

実際、ショーでは木の丸太を動かしたり、高い木の先にあるものを取ったりしていました。

 

他にも、全部で4種類のショーがあります。

ショーの種類と所要時間
 ゾウ(Elephant Presentation) 20分
 熱帯雨林(Rainforest Fights Back) 20分
 アシカ(Splash Safari) 20分
 どうぶつたち(Animal Friends) 20分

どのショーも、午前1回、午後1回ほどの開催で、たくさんの人が集まります。

そのため1日いても、すべてのショーを見るのは無理です。

 

動物のオブジェは、いたるところにあって、触ったり、記念写真を取ったりすることができます。

例えば、この爬虫類館のヘビのオブジェ、配置といい光の当たり具合といい、なかなか良くできていますよね。

 

園内の雰囲気は、欧米の動物園に非常に似ている部分があり、質の高さを感じます。

一方で、オランウータンとの記念写真(有料)などは、いかにもアジアの雰囲気。

写真撮影中もオランウータンの子どもたちは、ウロウロと遊んでいました。

 

鉄格子の檻が並ぶ展示などは一切なく、自然の緑の中で、たくさんの人が楽しめるように工夫された動物園でした。

コモドドラゴンもいましたよ。

 

人気の理由がわかる動物園でした。

 

 

目次にもどる

 

 

 

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 動物園・博物館, 子連れ旅行

関連記事

福知山市の児童科学館は、靴を脱いで走りまわる!

福知山市の児童科学館は、三段池公園内にあります。 キャンプ2日目、こどもたちが「行きたい~!」と言うので、訪問してきました。 目次 入館は体育館から、渡り廊下をとおる 力のダイナミックタワーでボール移 …

いも掘りは、神戸の正直農園で!無農薬の芋をゲット!

味覚の秋! いも掘りをしたくて、友人家族とともに神戸西区の正直農園いもほり園に行ってきました! 無農薬の立派な「紅あずま」をいっぱいとることができましたよ!   目次 今年は芋が不作だって?!芋掘りが …

海ボタルが見たくて、ラ・ポール粟島へ家族旅行。

 ウミホタルって聞いたことあるけど、見たことがない!どうやら、夏にきれいな海で見られる現象らしい。これは、海水浴とセットで楽しまなきゃ。  ということで、「ウミホタルを見るならここ!」と言われる香川県 …

親子でシンガポール2日目 朝は小雨、2つのサファリに向かう!

朝から小雨。 ホテルの近辺を確認しながら、ゆっくり動物園が並ぶマンダイ地区に向かうことにしました。   目次 まずはホテルとその近辺の確認から 電車とバスを乗り継いでマンダイ地区へ ナイトサ …

今年の「旅育」はシンガポール1週間にした!

地震や大雨などのストレスからか、体調の悪い夏の始まりとなっています。 しかし、これでは「自由なママの名が廃る!」(?)と、今年も子どもとともに海外旅行に行くことにしました! 今年の目的地は、シンガポー …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。そして、なんやかんやで起業することに!

息子たちは、小4と小1になり、毎日楽しそう!

教育方針は、人生は学び!学びは楽しい!でいく予定。

プロフィール

アーカイブ