2018夏 シンガポール 子連れ旅行

シンガポール3大動物園、それぞれの所要時間は?1日でまわれる?

投稿日:2018年10月10日 更新日:

シンガポールには観光地として大人気の三大動物園、「シンガポール動物園」「リバーサファリ」「ナイトサファリ」があります。

隣接した場所にあるのですが、すべて入園料、開園時間が別

 

そこで、それぞれの特徴をまとめるとともに、どのように訪問のプランを建てればいいか、まとめました!

 

 

3園それぞれの開園時間と料金は?

これらの動物園は、シンガポール野生動物保護協会(Wildlife Reserves Singapore(略してWRS))が運営しており、マンダイ地区と呼ばれる市内から車で40分ほど離れた場所に並んでいます。

 

場所こそ隣あっていますが、開園時間入園料もすべて別!

シンガポール動物園 8:30-18:00 35 (23)ドル
リバーサファリ 10:00-19:00 32 (21)ドル
ナイトサファリ 19:30-24:00 47 (31)ドル
 ( )内はこども料金  (2018年9月現在)

料金はそれぞれ3000~4000円ほどと、それなりにいいお値段です。

 

入園するからには満喫したいものですが、それぞれイベントがあったり、トラムが走っていたりするので、滞在時間をいつ、どのぐらいにするかも考えた方が良いと思います。

また子連れだと、こどもがどの程度楽しんでくれるかも検討したいところです。

 

シンガポール動物園は広い!所要時間は?

シンガポール動物園は、朝8時半から開園しています。

朝食会場にオランウータンがやってくる「ジャングル・ブレックファスト」(別料金35ドル)に参加するのでなければ、朝一番に行く必要はないかも。

 

面積は上野動物園の2倍ほど(28ha)とそれなりに広いうえ、園内では様々な動物のショー餌やりがおこなわれているので、それらをどこまで見るかで所要時間が決まってきます。

 

大きなショーは、以下の4種類。それぞれ、午前1回、午後1回の開催です。

動物園のショーの種類と所要時間
 ゾウ(Elephant Presentation) 20分
 小型動物など熱帯雨林(Rainforest Fights Back) 20分
 アシカなど海洋動物(Splash Safari) 20分
 イヌなどの動物たち(Animal Friends) 20分

ショー自体はすべて無料で、20分ほどです。

しかし、事前に席を確保し、ショー後の餌やり記念撮影などに参加していると、1時間は必要になります。

そのため、1日滞在してもすべてのショー見ることは難しいので、興味に合わせて見るショーを選び、ショー会場に向かいましょう。

 

キリンやシロサイなどへの餌やり体験は1日1~3回開催され、餌代の5ドルが必要です。

動物に近づくことができ、収益は動物たちの保護に使われるので、好きな動物がいれば体験するのも良いかも。

 

こどもは、キッズワールドがお勧めです。

家畜とのふれあい(有料)や、遊具(一部有料)、水遊びのゾーン(無料)があります。水着を着て水遊びをしたら、1時間ほどは遊んじゃいますね。

 

園内はトラム(5ドル必要)でまわることもできます。お土産物屋やレストランも充実しています。

園内をずっと歩いていると暑いので、適度に休憩しながら楽しむ必要があります。

 

動物園を満喫するには、午前中に訪問し、ショーを見たりお昼を食べたりして4~7時間滞在するのが良いかもしれません。

 

 

リバーサファリ、ナイトサファリの所要時間は?

リバーサファリは10時開園で、12haの敷地に作られた散策路を、時計回りにぐるりと一周する構造になっています。

ゾーンごとに、8つの大河の特色ある雰囲気の展示なので、「次は何だろう?」とどんどん進んでしまいます。

一番奥のパンダ展示とレストラン、デッキを渡った先のリバーサファリクルー(無料)とアマゾンリバークエスト(5ドル必要)、そして「Once upon a River」という動物ショー(無料、2018年夏より開始)が時間のかかるポイントです。

 

リバーサファリのイベント
 貯水池ボート周遊(River Safari Cruise) 15分 無料
 動物エリアのアトラクション(Amazon River Quest) 10分 大人5ドル
 動物ショー(Once upon a River)一日2回20分 無料

動物ショーは園内中盤での開催で、11時半と15時半スタートなので、それに入園時間を合わせるのはなかなか難しいと思います。

お土産物屋やレストランは、リバーサファリを出たとこにあります。

 

所用時間は、2〜4時間ほになると思います。

 

 

ナイトサファリは、19時半からの開園です。

ただ、門前のレストランなどは17時半に開くので、動物園やリバーサファリに行く人は、夕食を食べてから入ることになるでしょう。

敷地面積は35haで、園内はぐるりとトラムで回ることができます(地図の灰色部分)。

歩いて動物を見る4種類のトレイルもあります(地図のピンク、橙、赤、黄色部分)。

ナイトサファリのイベント
 トラム乗車 40分 多言語トラムは別途10ドル
 火と踊りのショー(Thumbuakar Performance) 15分
 ナイトショー(Creatures of the Night Show) 20分

トラムの乗車時間は40分ほどですが、乗車のための待ち時間が10~50分ほどかかります。

ナイトショーも混み合うので、20分ほど待つ必要があります。

旅行会社のツアーでは、夕食付トラム優先搭乗などがありますが、すべてのトレイルを満喫するプランまではないようです。

 

所要時間は、2~4時間です。

 

 

全部に行きたい場合は、どのように回るべき?

これら3つの動物園を1日で行こうと思うと、以下のようになります。
9:00頃 シンガポール動物園、園内で昼食
15:00頃 リバーサファリ、門前で夕食
19:30頃 ナイトサファリ、トラム乗車

しかし、シンガポールは赤道直下!

朝から、こんなにハードスケジュールだと、絶対ナイトサファリのトラムで寝ますw。

 

 

お勧めは、「シンガポール動物園で1日」、「リバーサファリとナイトサファリで半日」の1日半プランです。

このプランなら、動物園でショーを満喫できますし、ナイトサファリでもトラムやトレイルを楽しめます。

 

動物園の帰りにオーチャード観光を組み合せるのもおすすめです。

 

午前のスタートを遅めにして、2つのサファリを満喫するのも良いと思います。

 

 

せっかくの3大動物園の観光、しっかり楽しんでくださいね!!

 

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 子連れ旅行

関連記事

シンガポール動物園はここがすごい!みどころをまとめてみた

シンガポール動物園は、地元住民にはもちろん、観光客にも大人気の動物園です。   日本の動物園と何が違うのかは、実際にゆっくり訪問してみるとわかります。 そこで、実際に丸1日訪問してわかった、 …

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。 旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。 そこで、今回のわが家のプ …

海ボタルが見たくて、ラ・ポール粟島へ家族旅行。

 ウミホタルって聞いたことあるけど、見たことがない!どうやら、夏にきれいな海で見られる現象らしい。これは、海水浴とセットで楽しまなきゃ。  ということで、「ウミホタルを見るならここ!」と言われる香川県 …

初キッザニア甲子園、楽しんだけど大事なこと忘れてた!

こどもが職業体験できるテーマパーク「キッザニア」! 事前勉強、事前準備なしで、二部を楽しんできました。   しかし、帰ってきてから大事なことを忘れてたことに気がつきました。 その体験を報告し …

コピティアムで朝食を!シンガポールの食費を安くあげる

シンガポールでは、「外食」が当たり前。昼食や夕食はもちろん、朝食まで「100%外食」の家もあるそうです。 市内のあちこちに、「コピティアム」や「ホーカー(ズ)」と呼ばれる場所(日本でいうフードコート) …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ