子連れ旅行 関西アウトドア

長安寺公園キャンプ場 その2 焚火の夜を楽しむ

投稿日:2018年10月2日 更新日:

突然、思い立ってやって来た福知山のキャンプ場

長安寺公園でのキャンプは初めてですが、激安なのに整備が行き届き、山間の風景も素敵です!

さて、夜はどうやって過ごそうかな~。

 

 

キャンプの食事はムリせず、地元のレストランを楽しむ!

テントを張りほっと一息。

地面は平らだし、芝は柔らかいし、空間も広いので、誰に気を使うことなくゆっくりできそうです。

 

しかし、たまにポツポツ雨があたるなど、天気も崩れそう

薪などの買い出しにも行きたいので、今回の夕食は外食にしました。

わが家のキャンプは、ゆる~いのが特徴なのですw。

 

 

訪問したのは、「和風ファミリーレストランあじくら」。

福知山市民病院駅の近くのようです。

交差点のすぐ横にありますが、駐車場も広くて入りやすい地元のレストランでした。

早めに行ったので空いていましたが、どんどんお客が増えていきます。

 

店内は天井が高く、レトロな雰囲気です。しかし子どもも連れでも入りやすく、ゆっくりできました。

二度上げのカツがお勧めのようですが、長男はなぜか刺身定食を頼み、ぺろりと食べてました。

 

 

直火OK!夜は家族で火を焚いて楽しむ!

日が落ちる中、ホームセンターによって薪と廃材を買いました。

 

キャンプ場に帰ったら、焚き火を囲んでのパーティ開始です。

焚火は着火剤などは使わず、純粋に紙と木で火をおこします(最初にライターは使うけど)。

火を上手くつけるのに、試行錯誤するのですが、これまたおもしろいんですよね。

今回は、小雨がちらつく上に、露が降りていたので、なかなか火が安定しませんでした。

長男が木をくべたり、風を送ったりして手伝ってくれました。

科学や知識は、こうした実体験が重要ですからね!

 

とか言いながら、親はアルコールを楽しみます。

特に何かを話すわけではないけど、楽しいひと時です。

 

一通り楽しんでから、就寝です。

このキャンプ場は、トイレの横に街灯があり、トイレの電気もついているので、そんなに真っ暗になりませんでした。

耳元でコオロギの声が聞こえる中、快適に寝ることができました!

 

 

鹿の声が響くキャンプ場、遊具や広場もあるよ!

少し冷え込んだ朝、山には霧がかかっていました。

夜間に車が通ることもなく、とても静かな場所でした。

聞こえるのは遠くの電車の音と、虫たちの声小鳥のさえずり、そして雄シカのなく声

耳でも秋を感じます。

朝にトイレを利用すると、壁にアマガエルが5~6匹くっついていました。

夜間に光を求めて集まった虫を食べているようです。

こどもたち、朝からタモを持って、トイレでカエル捕りを楽しんでいました。

トイレでカエル捕りって・・・。

 

上の公園には遊具もあるので、遊ぶこともできます。

長男はサッカーを楽しみました。

途中、夫が足を滑らせてこけ、顎から大出血!というトラブルもありました。

上手く止血できましたが、これもまた勉強です。

 

近くの長安寺に、歩いてお参りに行きました。

拝観料
 大人300円、こども100円

歴史あるりっぱなお寺で、手入れされた庭は素敵でした!

空気はより澄んでいて、パワースポットという感じです。

 

キャンプを満喫して、帰路につきました。

 

 

こどもには、三段池の児童科学館もおすすめです。

秋は栗ひろいも楽しいですね。

 

目次にもどる

 

アドセンス




アドセンス




-子連れ旅行, 関西アウトドア

関連記事

シンガポールのリバーサファリを「旅育」で楽しむ方法

「旅育」での海外旅行は、日本人がイメージする「旅行」スタイルとはかなり違います。 いったいどこが違うのか? シンガポールのリバーサファリを例に、「旅育」としてこどもと訪問した時の楽しみ方についてまとめ …

明石公園「冬の味覚市」で屋台のタコ釣りを楽しんだよ!

まだまだ寒いですが、明石公園で開催された「冬の味覚市」に行ってきました。 毎年、2月末の週末に開催されるこのイベント、その名の通り牡蠣やフグなどの”冬の味覚”が楽しめます。   たくさんの屋 …

長安寺公園キャンプ場 その1 福知山の激安!あな場キャンプ場!

雨予報だった週末が、ぎりぎり曇りになりそうなので、急遽、キャンプに出発です! こんな時目指すのは、当日予約でも大丈夫と思われる京都の福知山です!   目次 突然キャンプに行きたくなったら福知山へ! も …

芦屋浜の公園で磯遊びを楽しむ【2021年3月まで立入禁止】

 磯遊びがしたい!でも泳ぐに早すぎる!ということで、簡単に磯遊びができそうな、芦屋浜の公園に行ってきました。  便利な場所なのでたくさんの人がいましたが、いろんな生物発見!で楽しんできましたよ。 【2 …

不思議な形の魚のタッチング水槽

こどもがよろこぶ琵琶湖博物館!必見の場所はここ!

「大人もこどもも楽しめる」と評判の高い、琵琶湖博物館(通称、びわ博)。 実際に訪問すると、水族館のような水族展示室が楽しい!そして、他にもこどもたちが大喜びの展示がありました。子連れ訪問では、必見の場 …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ