2016夏 シカゴ

シカゴ13日目 ちいさいけどほっとするコズリー動物園

投稿日:2016年12月28日 更新日:

帰国が明日に迫りました。

お土産は、昨日のショッピングで購入したので、今日はシカゴから日帰りで行ける動物園を探し、「コズリー動物園」に行くことに決めました!

 

コズリー動物園、日本人で訪れた人はいるのかな?と思うぐらい、小さくて有名ではない動物園です。ホームページで検索し、地図で確認して行き方を確認しました。

まずは、シカゴOTC駅(ユニオン駅のすぐ北側にある)に行きます。そこで、チケットを購入し、メトラに乗って50分ほどの「ウィートン駅」で降りました。

そこから動物園までは、交通機関がないので、北へ30分ほど歩きました。昨夜チェックしたgoogle ストリートビューの記憶だけが頼りです。

なんとか道を間違えずに着くことができました!

 

■Cosley Zoo
20160831コズリー動物園_021
入口から、かわいい雰囲気の動物園です。来園者の多くが、車で来ているようです。

入園料は、大人5.00$。地域住民や17歳以下は無料だそうです。

1974年に開園し、初代園長のジェリー・ダグラスさんが、2013年に亡くなるまでずっと関わってたとか。小さな動物園ながら、アメリカ動物園水族館協会(AZA)の認定園になっています。保護活動や教育活動も活発におこなっているようでした。

■Duck Pond
20160831コズリー動物園_032
入園してすぐ左手には、池があります。10時からは、ガチョウの餌やりタイムでした。
1$で餌を買い、ガチョウに与えます。お腹が減っているのか、グアーグアーと集まって、ガツガツ食べてくれました。

10時半からはヤギとの触れ合い、11時はボブキャットの給餌、11時半にはニワトリへの餌やりと、園内では絶えずイベントがありました。園内は、見渡せるほどこじんまりしているので、イベントの時間になると来園者が集まります。

 

■Caboose
20160831コズリー動物園_104
バーリントン鉄道の車両が置かれていました。中には、パズルなどのハンズオンがあります。樹木の葉の種類や動物の形態などを学ぶことができます。

納屋には、ウシやウマ、ヒツジ、ヤギ、ポニー、ラマなどが飼われていました。もちろん長男、ヤギの触れ合いでは、ヤギに触りまくっていました。

地元の野生動物のゾーンでは、ボブキャットやコヨーテ、アライグマ、キツネ、そして鳥類が飼われていました。長男、触れ合えるわけでもないので、ここはスルー。

 

■Intractive Play Area
20160831コズリー動物園_121

砂場もありました。ただの砂場ではなく、カメや動物が埋まっているようです。子どもたちは、掘り出して楽しんでいます。周りにはベンチがあるので、保護者はひと休み。日本の公園同様、「何歳ですか?」「1才6ヵ月です」なんて会話も交わされていました。

お腹が減ったので、コヨーテカフェでチキンナゲットミールを注文しました。「チップス」と「ドリンク」付きということで、袋ポテチと炭酸飲料がついてきました。いかにもアメリカらしいメニューなのですが、長男、すっかりペプシコーラが気に入ってしまったので困ります。

 

■Chickens
20160831コズリー動物園_118

ニワトリの餌やりの時間になったので、こちらでも1$払って餌を購入しました。
餌を入れたカップが先についている棒を、餌やり用の扉から差し込み、ニワトリに餌をあげます。安全対策ばっちりです。長男、集中して楽しんでいます。

結局、2時間ちょっと滞在しました。

 子どもとのんびり過ごす地元の動物園という感じでした。観光で来るところではないけれど、ぜひ地元に欲しい動物園でした。

 こどもにおすすめ度 ★★★ でした! 

アドセンス




アドセンス




-2016夏 シカゴ

関連記事

シカゴ 市内にある映画のロケ地を訪問する

Chicago River & Irv Kupcinet Bridge   映像マニアの長男。 シカゴに興味を持ってもらうには、映画が一番!ということで、旅行前の予習に、シカゴが舞台 …

6歳長男づれシカゴ2週間、旅行記はじめます!

実は今年の8月に、6歳になったばかりの長男を連れて「初!海外旅行」に行ってきました! 行先は、アメリカ第3の都市、シカゴです!   私自身は、海外旅行には何回か行ったことがあるのですが、こど …

シカゴ5日目 こども博物館は工夫がいっぱいで勉強になる!

ネイビーピア内には、「シカゴこども博物館」があります。 この日は、長男をたっぷり遊ばせてあげようと思い、気になっていたこの施設に入りました。   その結果、開館の10時から、閉館の17時まで …

シカゴ7日目 でかい!科学産業博物館

シカゴの科学産業博物館は、年間入館者140万人の観光スポットだそうです。 地味な名前から渋い展示を想像していたのですが、実際に訪問して、大間違いだったことに気がつきました! 建物の規模は大きく、大人も …

シカゴ9日目 ノートバート自然博物館?!

この日は、朝から小雨。 近場で過ごそうと、リンカーンパーク行きのバスに乗り、羽ばたくチョウが見られるというノートバート自然博物館(The Peggy Notebaert Nature Museum)を …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。現在は、年長と小3とになる息子を育てながら、起業準備中の理系ママです。

動物園や博物館をめぐるのが好き。こどもをアウトドアや海外旅行に連れ出し、生きぬく力を養おうと試み中?!
プロフィール

アーカイブ