動物園・博物館 関西アウトドア

福知山市の児童科学館は、靴を脱いで走りまわる!

投稿日:2018年5月25日 更新日:

福知山市の児童科学館は、三段池公園内にあります。

キャンプ2日目、こどもたちが「行きたい~!」と言うので、訪問してきました。

 

入館は体育館から、渡り廊下をとおる

こどもたちが児童科学館に行きたがったのは、プラネタリウムで上映されるドラえもんの映像ポスターを見たからです。

さすが映像おたくの長男、こういった情報には抜け目がありません。

 

長男の映像おたくエピソードはこちら↓。

 

児童科学館は、体育館の隣の建物なのですが、入館するには体育館から渡り廊下をとおります。

大人はスリッパがありますが、こどもは靴下のまま楽しむように書かれていました。

 

入館料は、大人310円、こども150円(4歳~中学生)でした。

なお、公園内の植物園と動物園が一緒になった共通入場券もあるそうです。

 

児童科学館に入ると、そこは2階。

左手にはプラネタリウムの入り口が、右手には本やボールプールのあるキッズ広場がありました。

 

力のダイナミックタワーでボール移動

元気いっぱいの息子たちは、奥にある力のダイナミックタワーを見つけ、走り寄ります。

タワーは1階への吹き抜けとなっているので、体を使って遊べるものかと思いきや、「ボーリング球をいろんな操作を加えて動かす」というものでした。

グルグル回したり、扉を開けたりして、運動の力学を学ぶのだとか。

 

灘浜サイエンススクエアのワンダーキューブを想像していた私は、少し残念でした。

ただ、動くものを眺めるのが好きな次男は食いついていました。

 

施設自体はあまり大きくはありません。

1階は、福知山の地形や自然を紹介する「福知山広場」、歪んで見えたり平衡感覚がなくなる「感覚の広場」、電気や磁力について学べる「科学の広場」がありました。

 

2階は、「宇宙と地球の広場」、「情報の広場」があり、パソコンなどで遊ぶことができました。

 

プラネタリウムは定員80名

プラネタリウムでは、こども向けアニメを1日に数回上映しているそうです。

 

長男お目当てのドラえもんは、ゴールデンウィーク中は13時と14時の上映でした。

館内は、飲食禁止です。

わが家は13時上映のドラえもんを見るために、昼食は早めに外で済ませました。

12時45分に並びましたが、あっという間に階段の1階まで到達するまでの人々です。

定員は、80名。

あっという間にいっぱいになりました。

 

後ろに倒れる椅子で、ゆっくりしながらドラえもんを見ました。

4歳の次男は、体が軽くて椅子がうまく倒れず苦労していましたが、さすがドラえもんパワー!最後まで大人しく見ていました。

 

ゆっくりしても3時間ほどですが、なかなか楽しめた施設でした。

 

楽しみながらいろいろ勉強できる工夫がされていました。施設は少し古かったですが、きちんとメンテナンスされていて楽しめました。

こどもにおすすめ★★★でした。

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-動物園・博物館, 関西アウトドア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨の日の穴場スポット?灘浜サイエンススクエアで遊ぶ

 雨の日に、「男の子が喜んで」「運動もできて」「勉強になって」「お金がかからない」場所に行きたい!ということで、灘浜サイエンススクエアに行ってきました。 お昼を食べてから行って、閉館まで楽しみました。 …

栗ひろいの栗を熟成させたら劇的に甘くなった!

栗ひろいに行って、拾ってきた栗。 「すぐに食べるより、低温で1ヶ月半ほど熟成させる方が甘くなる」と聞いて、熟成させることにしました。   冷蔵庫での熟成は、なかなか難しかったけど、熟成後に食 …

海鮮BBQ

赤穂での夏キャンプは海鮮BBQ!瀬戸内のサザエが激ウマだった!

冬の赤穂キャンプならカキですが、夏の赤穂キャンプでは何を食べよう?ということで、今回は海鮮バーベキューをすることにしました。 結果、瀬戸内のサザエがめちゃ美味しかった!大人はもちろん、子どもたちも喜ん …

石屋が一番コースの8番

徳島イルローザの森のアスレチックが本格的すぎる!

キャンプ帰りに寄ったイルローザの森(徳島県立神山森林公園)。 アスレチックが本格的すぎて、やんちゃな小学生たちもかなり楽しめました! 危険いっぱいSASUKEの世界! いっぱい遊んだ帰りには、たらいう …

須磨浦山上遊園まで息子たちとハイキング、いや軽登山だね!

寒い季節だけど、こどもは元気いっぱい! 寒いからこそ、ちょっとした山に登りたい!  ということで、7歳と4歳の息子を連れて向かったのは須磨浦公園駅。ここから、鉢伏山、旗振山を通って、須磨山上遊園に向か …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

わが家独自の教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)で育てた2人のこども(2010、2013)は、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ