動物園・博物館 関西アウトドア

福知山市の児童科学館は、靴を脱いで走りまわる!

投稿日:2018年5月25日 更新日:

福知山市の児童科学館は、三段池公園内にあります。

キャンプ2日目、こどもたちが「行きたい~!」と言うので、訪問してきました。

 

入館は体育館から、渡り廊下をとおる

こどもたちが児童科学館に行きたがったのは、プラネタリウムで上映されるドラえもんの映像ポスターを見たからです。

さすが映像おたくの長男、こういった情報には抜け目がありません。

 

長男の映像おたくエピソードはこちら↓。

 

児童科学館は、体育館の隣の建物なのですが、入館するには体育館から渡り廊下をとおります。

大人はスリッパがありますが、こどもは靴下のまま楽しむように書かれていました。

 

入館料は、大人310円、こども150円(4歳~中学生)でした。

なお、公園内の植物園と動物園が一緒になった共通入場券もあるそうです。

 

児童科学館に入ると、そこは2階。

左手にはプラネタリウムの入り口が、右手には本やボールプールのあるキッズ広場がありました。

 

力のダイナミックタワーでボール移動

元気いっぱいの息子たちは、奥にある力のダイナミックタワーを見つけ、走り寄ります。

タワーは1階への吹き抜けとなっているので、体を使って遊べるものかと思いきや、「ボーリング球をいろんな操作を加えて動かす」というものでした。

グルグル回したり、扉を開けたりして、運動の力学を学ぶのだとか。

 

灘浜サイエンススクエアのワンダーキューブを想像していた私は、少し残念でした。

ただ、動くものを眺めるのが好きな次男は食いついていました。

 

施設自体はあまり大きくはありません。

1階は、福知山の地形や自然を紹介する「福知山広場」、歪んで見えたり平衡感覚がなくなる「感覚の広場」、電気や磁力について学べる「科学の広場」がありました。

 

2階は、「宇宙と地球の広場」、「情報の広場」があり、パソコンなどで遊ぶことができました。

 

プラネタリウムは定員80名

プラネタリウムでは、こども向けアニメを1日に数回上映しているそうです。

 

長男お目当てのドラえもんは、ゴールデンウィーク中は13時と14時の上映でした。

館内は、飲食禁止です。

わが家は13時上映のドラえもんを見るために、昼食は早めに外で済ませました。

12時45分に並びましたが、あっという間に階段の1階まで到達するまでの人々です。

定員は、80名。

あっという間にいっぱいになりました。

 

後ろに倒れる椅子で、ゆっくりしながらドラえもんを見ました。

4歳の次男は、体が軽くて椅子がうまく倒れず苦労していましたが、さすがドラえもんパワー!最後まで大人しく見ていました。

 

ゆっくりしても3時間ほどですが、なかなか楽しめた施設でした。

 

楽しみながらいろいろ勉強できる工夫がされていました。施設は少し古かったですが、きちんとメンテナンスされていて楽しめました。

こどもにおすすめ★★★でした。

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-動物園・博物館, 関西アウトドア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

斜行エレベーターが気になる西宮名塩に行ってみた!

高速から見える、山頂の近未来的なマンション群と、そこに伸びるガラス張りの長い建物。 前々から珍百景的でかなり気になっていました。 最近、「その近くに広い公園がある」と聞いたので、この風景を見学しがてら …

ビールと川

徳島でキャンプ!コットンフィールドで川とビールと温泉と

こどもは、自然あそびが大切!ということで、小6と小3の息子を連れてキャンプに行きました。 今回、車で向かうのは、徳島のコットンフィールドというキャンプ場です。 川で遊び、美味しいクラフトビールを味わい …

シカゴ7日目 でかい!科学産業博物館

シカゴの科学産業博物館は、年間入館者140万人の観光スポットだそうです。 地味な名前から渋い展示を想像していたのですが、実際に訪問して、大間違いだったことに気がつきました! 建物の規模は大きく、大人も …

能勢でゆる~くファミリーキャンプ②

わが家のゆる~いファミリーキャンプ、「能勢自然の森ファミリーオートキャンプ場」に行った続きです。 昼過ぎに到着して設営、子どもたち存分に川遊び。夕食は、小雨も降ってきたので、車で外食に出ました。 目次 …

恐竜博物館へ1泊2日の旅行、わが家の楽しみ方

恐竜博物館を目指して、関西から車で1泊2日の家族旅行をしました。 旅行のプランを立てる時には、目的地はもちろん、その前後も子どもたちとどのように楽しむか、悩むところですよね。 そこで、今回のわが家のプ …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

小学生になった息子たちは、毎日楽しそう!
わが家独自の確固たる教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)のもと、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ