2023冬 ハワイ 海外「旅育」

小中学生づれ親子ハワイ:1日目は勝手がわからずうろうろ

投稿日:2024年5月14日 更新日:

中学生と小学生男児を連れて年末の初ハワイ

学校の終業式を終えた子どもたちと一緒に、荷物を持って空港へ。夜の便で日本を飛び立てば、7時間半で同日の朝に到着です!

どうやって行くか?選んだのは関空からの直行便!7時間半で到着

できるだけ安く行きたい年末のハワイ。

しかし、子どもの学校もあり、年末は義実家で年を越すという嫁のつとめ(?)もあり、そう自由にも行きません。

悩みながら格安チケットサイトなどを眺めていたら、関空からハワイへの直行便で比較的安いものが出ました!
ハワイアン航空です。

今回、初めて利用することになったハワイアン空港。
機内の様子はこんな感じでした。

ハワイアン航空で過ごす子どもたち

もちろんエコノミーですが、LCCではないので各自モニターはあるし、料理が出るので、子どもも退屈しませんでした。

料理はおいしいかどうか不安だったので、小学生の子どもはキッズメニューにしておきましたが、これも正解。
キッズメニューは、半分お菓子でした。

12月25日20時45分発の飛行機に乗り、同日9時10分にハワイに到着です。

クリスマスを、日本とハワイで2日間体験できてお得な感じです。

機内泊になるので、子どもたちは寝て欲しいのですが、機内のビデオに夢中!

7時間半のほとんどの時間を視聴に費やして、ダニエル・K・イノウエ空港に到着です。

市内へ行く空港シャトルバスを探し、乗り込みました。
ワイキキのホテルを回ってくれるのですが、乗車しているのはJTBで予約している日本人ばかり。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジは、ワイキキ繁華街の北の端にあるので、他のお客さんより早めに下車となりました。

ハワイアンビレッジの玄関モニュメント

バスはモニュメントのある素敵な入口を通り過ぎ、ハワイアンビレッジ南東の端のバスターミナルにとまりました。

シャトルバスを降り、荷物を受け取り、運転手にチップを払います。そして、荷物をゴロゴロさせながら、メインロビーの受付を目指して移動します。

すでにホテルの敷地内なのですが、お店が並び、クリスマスのデコレーションもあり、フォトスポットだらけです。

チェックインは3時からなので、とりあえず荷物だけ預かってもらいました(無料)。

ホテルの中もクリスマス模様

身軽になってさっそく記念撮影。

チェックインまでの過ごし方、なぜかドンキへ

青い海!青い空!緑の中のクリスマスデコレーション!という風景に、子どもたちは早く水に入りたがりますが、「それはチェックインが終わってから」と、まずは現地の確認です。

そもそも、まだお金をドルに替えていません。どこかで替えなければ!

まずはホテル内を散歩。その後近くにある大型ショッピングセンター「アラモアナセンター」まで歩いてみることにしました。

しかし、ここだと思う建物の近くに行っても、どこが入口かわかりません。
ぐるっと一周して、現地の人に聞いてみたら、なんと本日は休業日!でした。

年に数回の休業日。確かに、この日はクリスマス当日ですからね。

すっかり日本人感覚でいたことに気がつきました。

気を取り直して、ドン・キホーテまで歩きました。
その頃にはお腹がすいてきたので、入口にあるフードコートで肉串を食べました。

ドン・キホーテの前で昼食を食べる

円安なので、お値段、高すぎる!たこ焼きでも1200円の世界です。

食べていたら、イヌを連れたおじちゃんが話しかけてくれました。もう引退したけど、以前は日本料理のお店をやっていて、たくさんの有名人に会ってきたそうです。

旅行ではいろんな人生を歩んだ人に会えるのが楽しいですね。

ドン・キホーテで物価を確認して(買い物はちょっとだけ)、銀行によって現金をおろし、ホテルの近くに帰ってきました。

お腹もたまりました。機内で寝ていないし、チェックイン時間はまだだし、ということで公園でダウン。

ホテル横の公園でお昼寝

最高に気持ちのよいお昼寝でした。

ホテルの部屋で着替えたら、プールタイム!夕暮れのラグーンも素敵!

チェックイン時間になったので、受付カウンターに行き手続きを済ませ、荷物を部屋に運びます。

宿泊棟お任せプラン(料金安め)だったのですが、ダイヤモンドヘッドタワーの8階を紹介されました。地図で建物の位置を教えてもらったのですが、まだホテルの中がよくわからず、迷子になりました。

それぐらい、ビレッジの中は広く複雑です。

荷物を置いたら、さっそく水泳タイム!

部屋で水着に着替えて、プールに繰り出します。敷地内に点在するあちこちのプールで遊びます。

この日はラグーンでサンセットを体験しました。

夕日がおちるラグーン!素敵です。

夕陽が落ちる時間のラグーン

部屋に戻り、ABCストアで買ったスパムサンドで夕食にしました。

子どもたちはお風呂に入ったらあっという間に寝てしまいました。明日は何しようかな?

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2023冬 ハワイ, 海外「旅育」

関連記事

旅育の効果?!高学年になった長男で実感すること

長男も小学5年生。 すっかり成長して、親といるよりも友達といることを好むようになりましたが、自主性や自発性が高いのには、親である私でも驚きます。 そしてその原因を考えた時、これは子供の頃から海外旅行な …

alohaのモニュメント前で

円安でも強行!小中学男児連れ、年末ハワイ旅行

旅育してきた長男も、コロナで旅行を控えているうちに中学生となりました! 中1にもなると、もう親より友達。「親と海外旅行?別に行きたくないし」と冷たいお言葉。 その中学生男児に、「海外旅行、どこなら行く …

ヒルトンのムービーナイト

子連れハワイ、ヒルトンホテルで日が暮れてからも楽しむ

中学生と小学生男児を連れて、円安の中の強行旅行。 宿泊先に選んだヒルトン・ハワイアン・ビレッジは、たくさんの種類のプールだけでなく、毎日たくさんのイベントがおこなわれていました。 子連れでしたが、ナイ …

シンガポールのリバーサファリを「旅育」で楽しむ方法

「旅育」での海外旅行は、日本人がイメージする「旅行」スタイルとはかなり違います。 いったいどこが違うのか? シンガポールのリバーサファリを例に、「旅育」としてこどもと訪問した時の楽しみ方についてまとめ …

パスポートのサイン申請

【旅育】こどものパスポートのとり方

こどもと海外旅行に行くためには、パスポートを取る必要がありますが、子どものパスポート、意外にめんどうなんですよね。 そこで、こどものパスポートの取り方について、実体験や友人たちの情報をもとにまとめまし …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

わが家独自の教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)で育てた2人のこども(2010、2013)は、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ