2018夏 シンガポール 子連れ旅行

今年の「旅育」はシンガポール1週間にした!

投稿日:2018年8月5日 更新日:

地震や大雨などのストレスからか、体調の悪い夏の始まりとなっています。

しかし、これでは「自由なママの名が廃る!」(?)と、今年も子どもとともに海外旅行に行くことにしました!

今年の目的地は、シンガポールです!

 

「旅育」の目的地にシンガポールを選んだ理由

子どもと一緒に旅行に行き、いろいろな経験をさせることを「旅育」と言うんだそうです。

確かに、日常とは違う体験をすることや、広い世界を知ることは、子どもの成長に良い影響を与えそうです。

 

今年は特に海外出張でもなかったのですが、一昨年のシカゴ、去年の台湾と連続して夏休みに海外旅行となっていたので、今年も長男と行くことにしました。

行先は、シンガポールです!

 

実は、シンガポールを選んだ一番の理由は、私の体調が思わしくないから大変なところは行きたくなかった、という消極的なものです。

確かに、シンガポールは海外旅行の初心者向け
・直行便で7時間ほどで到着
・時差は1時間だけ
・英語が通じる
・中国語が使われ、看板などの漢字表記がわかりやすい
・治安が良くて、すぐ病院にも行ける都会
・日本人も多い
などの条件は安心ですよね。

長男は現在、小学2年生。

英語の勉強にもなって欲しいと期待です!

 

予算と時間と娯楽を検討して選んだ航空会社は?!

しか~し、シンガポールの物価はそれなりに高いんです!

ホテル代も安くはありません

「旅育」で豪華旅行をしても意味がないし、そもそもそんなに予算もないので、旅行プランは悩むところ。

 

少し調べて、以下の条件で計画をたてました。
・行くからには1週間滞在して満喫
・予算は、2泊3日のツアー旅行と同程度
・こどもに安心、安全であること

私はもともとバックパッカーだったので、格安航空会社にユースホステル宿泊でも大丈夫。

しかし、こどもがいるとどのラインで手を打つかは悩むところです。

 

まずは、航空会社の選定から。

ジェットスター」や「スクート」「エアアジア」など、格安の飛行機会社としてLCCが就航しています。

しかし、手荷物制限や機内食有料の問題があるので、今回は見送りました。

 

使ってみたかったのは、人気の航空会社「シンガポールエアライン」です!

機内がきれい、対応が良い、機内食がおいしいと昔から評判が良く、今年のベストエアライン(世界で1番人気の航空会社)にも選ばれています。

しかし今回は予算オーバー。

予算内に入れようとすると深夜便や早朝便になり、子連れの移動が大変そうです。

 

安心なのは日本の会社「ANA」や「JAL」です。

しかし、成田経由は面倒だし、やはり予算の問題があります。

直行便7時間という時間は、寝るには短い時間なので、なかなか難しいですね。

 

そこで選んだ旅行会社は、「チャイナエアライン」!

台北の経由便です。

この航空会社、去年使ってなかなか親切でした。そして往復ともに、現地を朝に出発して経由することで、夕方に到着することができます。

経由地の桃園空港では、去年余った台湾のお金が使えるしね!

親子2人、諸費用込みでも、10万円をぜんぜん切るお値段でした!

 

さっそく機内映画を楽しみにする長男です。

 

こどもと行きたい場所をリストアップしてみた

シンガポールでどこに行くか、考えてみました。

ワイルドライフリザーブスシンガポール(WRS)が運営する4園は行きたいなぁ~。
・シンガポール動物園
・リバーサファリ
・ナイトサファリ
・ジュンロンバードパーク

地域的には、有名な以下は訪問したいです。
・マリーナ・ベイ(上に船が乗ったビルは有名!)
・セントーサ島(最近、米朝首脳会談があったリゾート地!)
・オーチャード(ショッピングセンターが集まる繁華街)

食べ物は、屋台が集まった「ホーカーズ」という空間があって、中華、韓国、インド、タイ、マレー料理などが安く食べられるみたい。

楽しんで来ようと思います!!

 

 

 

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 子連れ旅行

関連記事

親子でシンガポール2日目 朝は小雨、2つのサファリに向かう!

朝から小雨。 ホテルの近辺を確認しながら、ゆっくり動物園が並ぶマンダイ地区に向かうことにしました。   目次 まずはホテルとその近辺の確認から 電車とバスを乗り継いでマンダイ地区へ ナイトサ …

石屋が一番コースの8番

徳島イルローザの森のアスレチックが本格的すぎる!

キャンプ帰りに寄ったイルローザの森(徳島県立神山森林公園)。 アスレチックが本格的すぎて、やんちゃな小学生たちもかなり楽しめました! 危険いっぱいSASUKEの世界! いっぱい遊んだ帰りには、たらいう …

シンガポール動物園はここがすごい!みどころをまとめてみた

シンガポール動物園は、地元住民にはもちろん、観光客にも大人気の動物園です。   日本の動物園と何が違うのかは、実際にゆっくり訪問してみるとわかります。 そこで、実際に丸1日訪問してわかった、 …

こともと一緒に海外旅行!「旅育」は何歳がおすすめ?

海外「旅育」は、何歳からが効果的なのでしょうか? こどもが海外旅行でさまざまなことを体験するのに、効果的な年齢があるはずです。 そこで、自身の経験や友人たちの経験談などから、海外「旅育」に最も効果的な …

シンガポールのリバーサファリを「旅育」で楽しむ方法

「旅育」での海外旅行は、日本人がイメージする「旅行」スタイルとはかなり違います。 いったいどこが違うのか? シンガポールのリバーサファリを例に、「旅育」としてこどもと訪問した時の楽しみ方についてまとめ …

プロフィール

フルタイム勤務を20数年するも、仕事と育児の両立は大変で、退職。そして起業しちゃった!

わが家独自の教育方針(旅育、外遊び最強、塾に行かせない等)で育てた2人のこども(2010、2013)は、すくすく育ってくれています。

人生は学び!学びは楽しい!。

プロフィール

アーカイブ