2018夏 シンガポール 子連れ旅行

親子でシンガポール6日目 シンガポールの観光地めぐり

投稿日:2018年9月6日 更新日:

今日は、シンガポールで遊べる最後の日

しかし、まだマーライオンを見ていないし、ホテルのプールでも遊んでいない!

ということで、遠出をせず観光地を巡ることにしました。

 

 

どこにいるの?!本家マーライオン

セントーサのマーライオンは見たけど、本家のマーライオンをまだ見てない!

という事で、朝からマーライオン目指します。

 

バスでも行けるはずですが、下車する場所がわからないので、すっかり慣れた電車を利用。

Raffles Place駅で降り、北上して川沿いまで歩きます。

シンガポール川は、リバークルーズの発着場もある観光地。素敵な雰囲気です。

 

しかし、川沿いに歩いてもマーライオン公園が見つかりません。

そこで近くにあったスターバックスに入り、Free WiFiにつなげて携帯で確認しました。

このスタバ、素敵な建物の中にあり、なかなかの絶景

ついでに朝食を食べていたら、外は土砂降りです!

 

結局、スタバ横の道をまっすぐ行けば、マーライオン公園でした。

店を出る時には、雨はあがっていました。

長男は「晴れ男」なので、こういうことがよくあります。

本家マーライオンは、高層ビルをバックにそびえたっていました。

観光客に埋もれながら、記念撮影!

本家マーライオンは、1972年生まれという事で、妙に親近感を覚えた私でした。

 

マリーナ・エリア観光とホテルのプール!

マーライオンを背に、歩行者専用のジュビリー橋を渡って対岸へ移動しました。

この地域はショッピングセンターだらけで、それぞれが連絡通路や地下道で繋がっています。

私たちは「サンテック・シティ・モール」で少しウロウロし、お土産を買いました。

この間にも、通り雨があったようです。

 

ダックツアー(水陸両用の車で巡るツアー)の発着場もありました。

参加しようか迷いましたが、料金が高い(ガイドブックの値段より値上がりしていた!)し、「わが家の旅育のポリシー(つまり、貧乏旅行!)に反するかも?」と思い断念しました。

 

いったん、ホテルに戻ってプールに入ることにします。

ホテルのプールは、深さ120cm。長男の身長と同じぐらいです。

そして、そんなに泳げないくせに、真ん中に向かって飛び込んできます(そして、私があわてて助ける)。

きゃっきゃと楽しんでいました。

 

そのうちに唇が紫色になり、寒くてガタガタ震えだしました。

そこで、後ろ髪を引かれながらも終了。プールサイドで体を乾かし、部屋に戻りました。

 

マリーナ・ベイ・サンズの屋上プールとは、だいぶ風景が違うけど、満喫です!

 

旅の最後の夜は、マリーナ・ベイ・サンズで

着替えた後は、寒いホテルを出て、再びシー・サイドに向かいます!

今度はBay Front駅で降り、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに来ました。ガイドブックに紹介されている「未来型植物園」です。

 

SFのような擬木「スーパーツリー」が18本あり、高さ22mのところにあるスカイウェイを歩くこともできます(大人8$)。

2つの温室も、半端ない大きさ。

ただの「植物園」とは言えない、観光地になるだけの規模と面白さがあります。

 

実はここにも、子どもが遊べる場所がありました。

「チルドレンズ・ガーデン」です。

水着必須の水遊び場もありますが、先ほどプールからあがったばかりなので、今回は遊具や砂場で遊びました。

ガーデンズを2時間ほど楽しみ、次はマリーナ・ベイ・サンズに移動します。

 

こちらは、3つのビルの屋上に船が乗ったような外観が有名です。

 

しかし、中もすごいんです!

巨大な吹き抜けビルの中には川が流れていて、手漕ぎのボートが遊覧しています!

 

内装は豪華。ブランド店ばかりで、わが家との無縁感が半端ない(笑)!

でも、充実したフードコートがあったので、そこで夕食を取ることにしました。

 

食べながら目の前の吹き抜けを見上げていると、スパイダーマンやバットマンが目に入りました。

なんと「スーパー・ヒーロー・カフェ」と書いてあります!!

「これは行かなきゃ!!」ということで、行きました。

この詳細な報告は、こちら。

 

20時からは、「スペクトラ」というレーザーショーが、マリーナベイサンズの前で毎日おこなわれています。

デッキに出ると、目の前には高層ビル群が並び、観光客がたくさんいました!

 

スペクトラはなかなか綺麗でしたが、場所が前過ぎで、全体像が把握できませんでした。

もっと遠い場所で見ればよかった~。

 

これで、シンガポールの最後の夜も終了。

明日は、朝から帰るのみです。

 

 

 

目次にもどる

アドセンス




アドセンス




-2018夏 シンガポール, 子連れ旅行

関連記事

「栗拾い」に宝塚の東元農園へ!【2019年度情報追加!】

【2018年度の記事に、2019年度の情報を追加しました!】 実りの秋!食欲の秋!です。 秋をしっかり感じたくて、子どもと「栗拾い」に出発です!目指すは、宝塚市街からやや北にある西谷地区。 栗ひろいが …

海ボタルが見たくて、ラ・ポール粟島へ家族旅行。

 ウミホタルって聞いたことあるけど、見たことがない!どうやら、夏にきれいな海で見られる現象らしい。これは、海水浴とセットで楽しまなきゃ。  ということで、「ウミホタルを見るならここ!」と言われる香川県 …

こともと一緒に海外旅行!「旅育」は何歳がおすすめ?

海外「旅育」は、何歳からが効果的なのでしょうか? こどもが海外旅行でさまざまなことを体験するのに、効果的な年齢があるはずです。 そこで、自身の経験や友人たちの経験談などから、海外「旅育」に最も効果的な …

斜行エレベーターが気になる西宮名塩に行ってみた!

高速から見える、山頂の近未来的なマンション群と、そこに伸びるガラス張りの長い建物。 前々から珍百景的でかなり気になっていました。 最近、「その近くに広い公園がある」と聞いたので、この風景を見学しがてら …

リバーサファリは川がテーマ、パンダは必見!

日本では、上野動物園のシャンシャンがちょっとしたブームですが、シンガポールにもパンダがいるって知っていました?   パンダが見れるのは、川をテーマにした動物園「リバーサファリ」! パンダはも …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。現在は、年長と小3とになる息子を育てながら、起業準備中の理系ママです。

動物園や博物館をめぐるのが好き。こどもをアウトドアや海外旅行に連れ出し、生きぬく力を養おうと試み中?!
プロフィール

アーカイブ