問題

「小1の壁」 4月に辛かったこと3つを振り返る

投稿日:2018年1月16日 更新日:

 来年度の学童申請が始まりました。

 去年は、長男が小学校に入学するのにどう対処すればいいかわからなくて、バタバタしたなぁ~と懐かしく思えます。

 慣れるまでは、「小1の壁」が立ちはだかりました。長男は、一般で言っても”育てやすい子”(新しいことが大好きで、社会性が高く、風邪などもひきにくい!)なんですが、それでも壁は手ごわかった。

 それらの問題も、現在はほぼ解決。でも、同じように今年も悩んでいる親がいるんでしょうね。

 

 ということで、去年の4月から2学期までを振りかえり、「フルタイム共働きの育児で、辛かったこと3つ」をまとめてみました。 

学童の時間は短く、延長保育は迎えが必要

 まず、4月の入学前にぶちあたる問題が、「学童は8時30分からしか始まらない」という問題です。

 当然、登校時間を待ち、学童に連れて行くと定時に出勤できません。わが家は、何日かについては出勤時間を遅くして対処し、何日かはファミサポを利用しました。(詳しくは、「「小1の壁」4月、朝はファミサポにお願いした」。)

 

 小学校が始まったら、集団登校があります。これは、7時40分に家の前に集合なので、送り出してから出勤できます。集団登校のお兄ちゃん、お姉ちゃんのありがたいこと!

 夏休みには、再び8時30分の縛りが。でもその頃には、学童に通う近所のママ友、パパ友を発見し、ある場所に集合して、そこから集団登校させることで対処しました。持ち回りで付き添う形なので、負担をかなり減らすことができました。

 下校問題は、早くから対処していたにもかかわらず、解決までにはかなりのストレスと時間がかかりました。
(詳しくは、「学童保育の朝と帰り、そして休校の日はどうしたらいいの? 、「4月からの「小1の壁」、下校問題は解決へ)いつまでこの問題に悩むんだろう、と思っていました。

 

 ところが結局、「2学期から自分で帰ってくる」ということで難なく解決。子どもの成長の方が早かった問題でした。

持ち帰りプリント、家庭の負担、ともに多すぎ

 小学校に入ってびっくりしたのは、毎日持って帰ってくるプリントの多さです。

 「明日の持ち物」「授業参観」「家庭訪問」「その他イベント」などなど、大量に持って帰ってくるプリント類を読んで、理解して、準備するのが大変でした。

 長男は学童で、プリントなどの宿題は終えて帰ってきてくれるのですが、プリントの採点、国語の音読、計算カードについては、親が確認し、紙に評価を書かなければならないので、「親の宿題」のようです。

 

 それに、購入しなければならないものを申し込み、持っていくものを確認して、と、民間の広告(教育委員会後援のもの)に紛れて重要なプリントが混ざっているので、それを判断するのにとても時間がかかりました。

 慣れてきたら、「広告はすぐに紙ごみへ」という判断ができるのですが、最初はほんと大変でした。

PTAという楽しそうではない組織が小学校と組んでいる

 学校から持ち帰ってくる大量のプリントの中には、PTA関係の書類も入っています。これが、とても”微妙な組織”。

 先輩パパママからの情報で、「PTAは役員決定や会議で号泣者が出ることもある」なんて聞いていたけど、プリントを読むだけでも、「なるほど」と思える文章が満載でした。

 幸運にも、私は今年は関係なかったですが、4月の壁にPTAが絡んできたら、絶対耐えたれないだろうなぁ~と思いました。

 

 そんなこんなで、息子も次は2年生です。学童では、2年や3年のお兄ちゃんたちと一緒に、将棋やけん玉をやるのが楽しいみたい。学童の先生も、とてもしっかりした先生で、安心しています。

 

 おかげで仕事を続けていますが、「4月の壁」が取り壊されることを願うばかりです。

 

 

目次にもどる

 

アドセンス




アドセンス




-問題

関連記事

馬渕教室の学力判定テストを受けたら対応も成績もボロボロだった!

中学受験はとくに考えていないわが家ですが、教育自体には興味があります。 ある日、広告に「無料 2年対象 学力判定テスト」と書かれているのが目に入りました。「無料でテスト受けれるって!受けてみる?!」と …

3月で退職します!でも、問題山積み!日本って、厳しすぎやしないかい?!

退職届を出しました! 今は、残った仕事の処理と引き継ぎ、それに4月からの新しい生活への準備でバタバタしています。退職後は、失業保険に保育園、学童など、どうなるのかわからないことだらけです。 目次 一番 …

永久歯が出る空間がない!小学校2年生で歯科矯正

現代っ子は、顎が小さくて、永久歯が大きい子が多いのだとか。 そのため、乳歯とのはえかわりの時に、うまく歯が出ないそうです。 わが家の長男も小学校で歯科検診があった数日後、「歯医者で診てもらうように」と …

ちょっと一休み

【小1の壁】学童からの下校問題を懐かしく思う

働くお母さんたちがぶつかる「小1の壁」。 その中でも特に、子どもが学童から家にどうやって帰るか、は大きな問題でした。 そんな苦労から数年たち、やっと懐かしく思えるようになったので振り返ります。いや~、 …

よい保育園はここが違う!見極めポイントは3つ

引越にともない長男が待機児童になるなど、いろいろと苦労した保育園への入園。 でも、苦労したかいあって、現在、次男はとてもよい保育園に預けることができています。 そこで、よい保育園はどこが違うか、実体験 …

プロフィール

フルタイムで働くこと20数年!出産後は、仕事と育児の両立を目指して頑張っていましたが、体調を崩し、とうとう退職。そして、なんやかんやで起業することに!

息子たちは、小4と小1になり、毎日楽しそう!

教育方針は、人生は学び!学びは楽しい!でいく予定。

プロフィール

アーカイブ